2016年03月20日

半田山植物園 花と鳥展示が始まっています。

20160319・丞濠逕ー螻ア讀咲黄蝨抵シ丈コ御ココ螻・R1040882.jpg

金曜日から、半田山植物園での二人展 花と鳥が 始まりました。土曜日には体験講習もあって、参加者は20名。常連さんも初心者も、楽しくデンドロビウムの花を楽しみました。
金・土の天気は今ひとつでしたが、今日はとってもいい天気。お散歩がてら是非来てくださいね!
posted by 西本眞理子 at 08:52 | コメント ( 2 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2016年02月21日

フランスの今  文化を地方へ

最近とんとご無沙汰のブログです。
忙しい、と言えば忙しいのですが、暇と言えば暇な時間もあったりで。
実際のところ、余暇を何に使うかは自分次第。何もしないのも自分の選択・・・・などと思いつつも、何もしないで一日過ぎると奇妙な罪悪感にさいなまれるのも生来の貧乏性・・・・

ずいぶん前に始めて、中断している フランスの時事紹介を再開しようと思います。
朝日出版社からでている、大学の2年生向けの教科書からです。

実はこの教科書、10年くらい前からオルガ教室(毎週月曜日 初級10:00〜 応用11:20〜 岡山駅西口岡山コープオルガビル 5F)でずっと使っています。毎年4月になると学生が入れ替わる大学と違って、カルチャーセンターでは受講生はあまり変わりません。昨年の教科書を使うわけにはいかないので、同じ形式で話題の変わるこのテキストはとても重宝しています。

今回は有名な、ルーブル美術館のお話
とにかく巨大な美術館として有名ですが、所蔵品の数も桁外れで、そのすべてを展示しておけるわけではありません。それで、過疎に悩む地方都市に分館を作って美術品を貸し出し、観光の目玉にしようというものです。ランスには行ったことがないですが、こんな美術館があるなら、一度は行ってみたいと思いますね。

16課  ルーブル美術館ランス分館

 パリには、多くの巨大美術館があります。2000年以降、フランス政府は文化の地方分権を進めています。芸術の大衆化です。
 そのため、2010年にポンピドー・メッス・センター、2012年にはランスにルーブル美術館ランス分館がオープンしました。
 ランスは、フランスの北部にあります。古い鉱山の町です。ランスの住民は、鉱山の仕事が立ちゆかなくなり、苦しんでいました。町並みもまた、第一次世界大戦中に破壊されていました。
 鉱山の活動は、1960年代に不振になり、1990年には完全に閉鎖されます。ランスは多くの失業者を抱え、フランスで最も貧しい町の一つになりました。
 ルーブル分館は、有名なグッゲンハイム美術館分館とそこを訪れる観光客のおかげで復興したビルバオのように、産業の危機からからランスを救い出すことができるでしよう。そう、ランスも復興しないはずがない?
 ルーブル美術館ランス分館の建築は意表を突くものです。SANAAの妹島和代さんと西沢立衛さんが設計しました。
 二人の設計家は、建築のノーベル賞といわれるプリツカー賞を2010年に受賞しました。また2013年には、ルーブル美術館ランス分館の設計に対して、フランスの優れた建築に与えられる銀の定規賞を受賞しました。
 美術館は、かつての炭鉱の上に建てられました。細長い公園の中央に配された、ガラス製の5つの建物から出来ています。内部には、パリのルーブル美術館の作品が展示されます。
 ルーブル美術館ランス分館は、2012年12月4日、炭鉱の守護神である聖バルブの日にオープンしました。客の中には、オランド大統領と閣僚、そしてまた多くの炭鉱夫の姿がありました。
 ルーブル美術館ランス別館には、多くの外国人が、とりわけ近隣のベルギーから、訪れています。ベルギーのマチルド王妃も訪れました。
 開館1年で、入場者はおよそ100万人。大成功です!

posted by 西本眞理子 at 10:15 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2016年02月08日

二人展案内状

2016二人展案内状表.jpg

2016二人展案内状ウラ.jpg

恒例の、鳥の越山さんとのコラボです。本日案内状ができあがってきました。

3月18日〜21日
半田山植物園展示ホールです。ホールは昨年夏に内部をリフォームして、パネルがとても綺麗になっています。
posted by 西本眞理子 at 19:54 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2016年02月06日

2016年 二人展

2016年3月に半田山植物園で行われる、二人展の案内状が出来ました。
今年も、新作を多数出品する予定です。気の早いサクラも咲いているでしょう。
是非おいでくださいね。

2016二人展案内状表.jpg

2016二人展案内状ウラ.jpg
posted by 西本眞理子 at 02:06 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2016年02月01日

シンビジウム

暮れからばたばた忙しくて、ブログにはまったく手をつけられずにいました。
遅ればせながら、12月の花がようやく仕上がりました。(ほんと、遅いです・・・)

毎年暮れはお正月の花をということで、2ヶ月半の花代を使って豪華な花を買います。これだけ大きいと、玄関に飾っても迫力充分ですね。

薄いピンクの花が引き立つように、バックにたくさんの葉を描きました。

cinbidiumS.jpg
posted by 西本眞理子 at 23:28 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2015年12月09日

ムサシアブミ 実

ムサシアブミ 実.jpg

ムサシアブミの実をいただきました。少々変形していますが、形がおもしろかったのでそのまま描きました。
赤い実の中には、白い種が数個入っています。だから、丸くなくて、でこぼこしたかんじです。
posted by 西本眞理子 at 23:49 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2015年12月06日

今月の花 シンビジューム

シンビジューム「舞ウサギ」.jpg

12月は毎年お正月の花をかねて、ランを注文します。今年は、はじめてのシンビジューム。
写真の花は「舞うさぎ」という品種で、2010年の新種です。

とても柔らかいピンクのグラデーションと、リップに入る黄色が華やかです。
全体に背丈が低く、花茎も太てしっかりとしたかんじ。

耐寒性に優れたシンビジュームは冬に保温しなくても育てられますので、うまくいけば来年も咲くかも!?
洋ラン初心者にもお勧めと言うことですが、育てる方面には才能が無いので、アドバイスはできません。

なお、今回私が描いているのは「舞うさぎ」ですが、教室用の入荷は同じ品種でそろえることは不可能で、ミディ丈のシンビジューム としかいえません。先週の入荷では、 「明るい未来」「さくらムース」「はるか」などなど。数種類が入りました。どれも優しい色合いで、できあがりが楽しみです。
posted by 西本眞理子 at 14:48 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2015年11月20日

植物画体験講習

明日は10:00から、半田山植物園で体験講習です。
植物園にあった濃いピンクのサザンカがきれいに咲いていたので、少し分けていただきます。

元になる下絵は、以前に作ったものがあるので、ただいま配布用のカラーコピーを制作中です。
普段は固形絵の具で描くのですが、体験講習はチューブの絵の具を使うので、とりあえず試し塗りをしています。それに、色の名前もチューブと固形では微妙に異なるので、体験の場合はカーマイン=赤 というふうに和名でいうようにしています。

参加予定は17名で、まだ少し余裕がありますので、当日の受付も可能です。
この機会に、透明水彩絵の具での色塗りを体験してみたい方、お待ちしています。

申し込みは直接半田山植物園展事務室へ。
会場は展示ホール2Fの研修室です。
posted by 西本眞理子 at 22:03 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2015年11月19日

半田山植物画の会作品展始まりました

TS3P01610001.jpg

TS3P01620001.jpg

今日は半田山植物画の会作品展の初日です。平日にもかかわらず、約80名が見に来てくださいました。
ありがとうございます!

展示作品数は50点。2年前に比べると、各人格段に進歩しています。
皇帝ダリアも見頃です。

うっかりカメラを忘れたので携帯で撮ったしょぼい写真ですが、イメージは伝わりますでしょうか。
ホールは綺麗に改装されて、LEDのライトがまばゆいです。

posted by 西本眞理子 at 19:46 | コメント ( 2 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2015年11月15日

半田山植物画の会作品展

2015半田山植物画の会案内状.jpg

2015半田山植物画の会案内状3.jpg

11月19日から、半田山植物画の会作品展が半田山植物園展示ホールではじまります。
作品数は、水彩とペン で約50点。

体験講習も21日10:00〜12:00です。
ちょうど紅葉も見頃です。
ぜひお立ち寄りください。
posted by 西本眞理子 at 03:12 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2015年11月06日

赤磐中央公民館祭り 

明日から、赤磐中央公民館祭りです。
自主講座 植物画 の受講生16名が出品する、作品展を開催しています。
作品数は45です。
土・日の二日間だけですが、お近くにおいでの際は是非「お立ち寄りください。

私は サルトリイバラ を出品しています。少し前に描いたものですが、来年の干支の猿が名前につくので、中野コロタイプの年賀状図案に使われました。

大きな藪になって、猿が中で身動きできなくなってしまうということから名付けられたそうですが、こんなものに絡まって捕まえられてしまうような、間抜けな猿はいないとおもいます。

121102サルトリイバラ.jpg

posted by 西本眞理子 at 23:51 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2015年10月25日

フランス語入門クラス 受講生募集

ちょっと遅くなりましたが、岡山駅西口 オルガビル で開講している、フランス語講座入門クラスの受講生募集です。 岡山コープのカルチャー講座として開講して、もう20年以上続けています。事務的には、半年毎の更新で、たぶん、宅配のチラシが入ったはずです。

というのも、最近はずっとネットで注文しているので、チラシを見たことがないもので。
実際にはテキストは1年毎に更新ですので、10月からですと途中からの参加になりますが、入門編の場合はアルファベットが読めるようでしたらどこから始めても大丈夫です。

会話が中心の楽しいクラスです。少人数で、実践的です。発音はネイティブのフランス人が指導しますので、なにか始めてみようかなと思っている方、一度見学に来てください。

見学は無料ですが、資料を準備するために、前もって連絡くださると助かります。
この記事にコメントを入れてください。

西本眞理子のフランス語入門
毎週 月曜日 9:50〜11:00
月謝  3500円 
後半の 30分に フランス人による発音指導があります。
posted by 西本眞理子 at 22:36 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2015年10月19日

赤磐植物画の会作品展

2015案内状赤磐1.jpg

2015案内状赤磐2.jpg

今年も、赤磐中央公民館祭りに、植物画の会の会員17名の作品を展示します。
二日間の催しですが、ぜひおいでくださいね。
今年も力作がそろいました。
posted by 西本眞理子 at 23:02 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2015年10月14日

尾道へ行ってきました

今日は福山での講座の日で、電車に乗ったついでに尾道まで足を伸ばしました。(尾道ー福山は電車で17分です) 岡山から普通で1時間16分は長いですが、慢性睡眠不足のため、最近は電車に乗るとすぐ寝てしまいます。ぐっすりとはいきませんが、気持ちよくうとうとしているうちに到着です。

今回尾道に行った目的は、駅前のデパートの展示スペースで行われている、植物画の作品展。植物画倶楽部会員の木崎さんが講師を務める、植物画教室の作品展です。

TS3P01490001.jpg

昨年は所用で行けなかったので、2年ぶりです。店内の改装のために、展示スペースがちょっと狭くなりました。

TS3P01480001.jpg

お一人2点ずつの展示ですが、額縁と額縁の間がほとんどありません。

TS3P01500001.jpg

ちょうど、今月の課題のキャットテールの絵もありました。大きな花穂が重そうに垂れ下がっています。

展示は14日までです。
posted by 西本眞理子 at 00:47 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2015年10月08日

下描きです

キャットテイル下描き.jpg

鉢植えの半分よりも少し多いくらいです。
垂れ下がっていた大きな花はカットして、後ろのほうにあった若い花はティッシュで隠しました。中央がすいてしまったので、端のほうの花を一輪きって、真ん中に置いています。

ついついたくさん描いてしまったので、色塗りが大変そうです。
posted by 西本眞理子 at 00:58 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

今月の花 キャットテール

今月の課題は、猫のしっぽ と呼ばれるアカリーファ。
トウダイグサ科の植物です。

キャットテイル 写真.jpg
世界の熱帯・亜熱帯におよそ300〜400種が分布していて、植物園の温室なんかで長い長い紐状の花を何度か見たことがあります。

熱帯花木や鉢花として楽しむほか、葉っぱがキレイなものは観葉植物のほか、沖縄など亜熱帯の地域では、生垣や庭木として利用されるそうです。耐寒性はないので、日本では通常は鉢植。

アカリーファの名前は古代ギリシア語でイラクサを意味する「アカレーペ」に由来し、姿がイラクサに似ているところから付いた名前だそうです。

以前から気にはなっていたのですが、ふわふわの花がめんどくさそうで、避けてきました。
今回、よい鉢植えがあったので買ってみました。
posted by 西本眞理子 at 00:54 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2015年09月09日

県展に行ってきました

2015県展.jpg

先日の日曜日、久しぶりに県展に行ってきました。岡山オルガ教室受講生さんの一人が日本画に出品されていて、招待券を頂きました。最終日だったので、美術館の駐車場が満杯で、周囲をうろうろ探して市営駐車場に落ち着きました。

日本画を見るのも久しぶりですが、植物を題材にした絵が多いのに驚きました。

写真のボタン が受講生の方の作品です。植物画よりもずっと大胆な構図とタッチです。
posted by 西本眞理子 at 21:53 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

キク 彩色

キク彩色.jpg

先日のキクですが、構図が気に入らなくて、また描きました。(ほとんど同じですが、さてどこが違うでしょう?)で、色を塗りました。

薄いピンクですので、舌状花の輪郭を赤紫で取り直して、鉛筆の線は消してあります。
薄い色の花は、塗るところが少ないのでとても早いですね。

実際の花は、時間がたつにつれて、どんどん色が薄くなっています。今はもう、ほとんど白に近くなっています。
posted by 西本眞理子 at 21:43 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2015年09月01日

9月の花

ポットマム ダンテ.jpg

ポットマム ダンテシリーズです。
夏の終わりはめぼしい花が無くて、毎年苦労します。
キクを描くのは本当に久しぶりです。 とりあえず、下描きしました。

posted by 西本眞理子 at 04:09 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2015年08月11日

今月の花 セルリア

セルリア.jpg

今月は夏休みのため、福山のみの花です。

ヤマモガシ科
セルリア属の常緑小低木で、学名は Serruria florida。英名は Blushing bride。

南アフリカのケープ地方南西部に分布。このフロリダ種は、フランシュクック山(Franschhoek Mountains)の一部にだけ生え、高さ2メートルほどの細長い潅木になる。7月から10月ごろ、クリーム色がかったピンク色の花を咲かせる。日本へは、切り花としてオーストラリアから輸入。

先月末、いつもの花屋で見かけて即決しました。
淡いピンクが何とも言えない可憐さで、まるで花嫁のドレスのようです。
ただ、予想外に暑さに弱くて、自宅のアトリエでは花が開かずしおれてしまいます。

花屋の店内は20度ということですから・・・・
3本目にしてようやく綺麗に開きました。
posted by 西本眞理子 at 22:05 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png