2006年05月29日

カスミザクラ

カスミザクラ.小.jpg5月23日朝日新聞掲載
カスミザクラ  バラ科
ヤマザクラに似ていますが、葉や花柄に毛があるので、ケヤマザクラとも呼ばれています。4月中旬から下旬にかけて白、一重の花を咲かせます。

新学期、授業の準備のために立ち寄った研究室が満開の桜であふれていました。なんでも前日県北まで調査・採集にでかけていたとのこと。現地ではまだつぼみだったのに、暖かい室内で一気に開花が進んだということです。研究用に標本を作った残りの枝をいくらかもらって帰りました。風に当たると散ってしまう花を、大きなゴミ箱に入れて、そーっと持ち帰り、大急ぎでスケッチしました。
posted by 西本眞理子 at 17:38 | コメント ( 1 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

エドヒガン

エドヒガン小.jpg5月16日朝日新聞掲載
エドヒガン  バラ科
桜の代名詞のように全国で見られるソメイヨシノの片親。(もう一方の親はオオシマザクラ) ヒガン=彼岸で、その名の通り早咲き。がく筒がふっくら壺形をしていて、やわらかい毛がたくさん生えているところが、ヤマザクラと異なっています。
posted by 西本眞理子 at 17:25 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

オオヤマザクラ

オオヤマザクラ小.jpg5月9日朝日新聞掲載
オオヤマザクラ  バラ科
よく知られたソメイヨシノよりやや遅れて、4月中旬ごろから紅色、一重の花を咲かせます。各部分に毛はありません。
posted by 西本眞理子 at 17:16 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2006年05月18日

シャガ

シャガ小.jpg朝日新聞 4月25日掲載

シャガ アヤメ科
中国中部 日本の本州、中国、四国に自生する
花期 4月ごろ
アヤメ属の中ではめずらしい常緑。うす暗い林の中や、斜面に群落を作る。品種改良されることもなく、原種のまま庭などによく植えられている。

淡い紫と黄の対比が美しい。楚々とした風情が茶花としても愛され続けてきました。種が出来ないのでいもで増えますが、丈夫で世話もいらず、日陰の庭でよく育ちます。日本人にはなじみの深い花です。
posted by 西本眞理子 at 01:11 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

クリスマスローズ

クリスマスローズ.小jpg.jpg4月18日 朝日新聞掲載

クリスマスローズ キンポウゲ科
ヨーロッパアルプス東部原産 日本へは明治元年に入る
花期 早春

花びらのように見えるのは、がく片。はじめは白〜うすいピンク色をしていますが、やがて緑色になります。(アジサイと同じです)ヨーロッパではローマ帝国時代から栽培されてきました。黒い根には大量のサポニンを含み、強心剤として利用されます。
posted by 西本眞理子 at 00:50 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2006年05月15日

レウィシア彩色

一鉢全体を描いて、色を塗るとこんな感じです。
花は下から順に咲いていきます。一つの花の寿命は意外に短くて、すぐに形が変わってしまいます。咲き始めたらすぐにスケッチに取りかからないと、
あっというまにくす玉のようになって収拾がつかなくなってしまいます。
20060504150018.jpg
posted by 西本眞理子 at 21:06 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2006年05月10日

レウイシア

2006年 4月11日 朝日新聞岡山県版掲載

20060502164616.jpg
レウィシア スベリヒユ科
北アメリカ原産。属名は発見者のM・ルイス隊長の名前から。
オレゴン州からカリフォルニア州の、標高900から2700mに
自生する高山植物。花期4〜6月。日本には大正時代に導入
される。鉢花・ロックガーデン。

最近注目されている外国産の野草です。
寒さや乾燥に強いので、都会のマンションで育てるのに
適しているかも知れません。
ロゼッタ状の葉を全部描くのは大変なので、半分だけ
描いてみました。
開いた花の横には次のつぼみが準備されています。
posted by 西本眞理子 at 17:45 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png