2006年12月05日

ツメレンゲ

〓〓〓〓〓??.jpg 12月5日朝日新聞掲載

〓〓〓〓〓〓О??.jpg

ツメレンゲ  べんけいそう科
 関東以西、四国、九州の山地の岩場に生える多年生草本。人家の屋根に生えることもあります。秋の終わりごろ、長いものでは15cmにもなる花穂を出して、白い小さな花をたくさんつけます。葉が細く、けものの爪のようだからと付いた名前ですが、愛らしい花にはちょっと不似合いです。
posted by 西本眞理子 at 22:26 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2006年11月28日

皇帝ダリア

????〓〓〓??.jpg 11月28日朝日新聞掲載


皇帝ダリア  きく科
 メキシコ原産の多年生植物。別名木立ダリア。日照時間が短くなると花をつける短日植物です。大きなものでは、高さ5m、花の直径が30cmにもなるそうです。実は10月中旬に京都の植物園で栽培されているのを見たのですが、その時はまだ花をつけていませんでした。先週、岡山で育てていらっしゃる方から、咲いた花をいただいて、急いでスケッチしました。
posted by 西本眞理子 at 21:49 | コメント ( 2 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2006年11月22日

岡山理科大学秋の観察会

〓〓〓〓??.jpg アラカシ


〓〓〓〓〓〓??.jpg シャリンバイ


〓〓〓〓〓????.jpg ハナミズキ

11月11・18日の両日、岡山理科大学で恒例の秋の観察会がありました。あいにくの雨でしたが、学内を散策して植物を採集し、スケッチ、彩色をしました。ちょっと寒かったですが、サクラやハナミズキの紅葉がとても綺麗でした。次回は来年の春です。

posted by 西本眞理子 at 21:30 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

ノブドウ写真

〓〓〓〓〓О??nobudou1.JPG

岡山理科大学内の生け垣に、おおいかぶさるように繁殖しているノブドウです。
posted by 西本眞理子 at 21:16 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

ノブドウ

〓〓〓〓??.jpg 11月21日朝日新聞掲載

ノブドウ  ぶどう科

 山や野原に生える落葉つる植物。夏に、小さな緑色の花をたくさんつけます。白、青、紫と変化に富んだ実は、昆虫の入った虫えいで、不規則にゆがみ、食べられません。
posted by 西本眞理子 at 21:11 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2006年11月16日

ラベンダー

〓〓〓〓[??.jpg 11月14日朝日新聞掲載

ラベンダー(フレンチタイプ)  しそ科

 半耐寒性常緑小低木。地中海沿岸からフランス、イタリア、スペイン山地に自生。古代ローマの時代には入浴料として広く利用されました。属名のラバンドゥラは、ラテン語で「洗う」を意味します。
posted by 西本眞理子 at 18:41 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2006年11月12日

チャ(実)

〓〓??????.jpg 11月7日朝日新聞掲載

チャ(実) つばき科
 中国および日本原産の常緑低木。ふつうは葉をとるために茶畑に植えられていますが、暖かい地方の山には自生しているものもあります。秋になると白い、平べったいツバキのような花が咲きます。堅くて大きな実は、次の年の秋に熟します。
 
posted by 西本眞理子 at 12:45 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2006年10月31日

サンゴバナ

〓〓〓〓〓??.jpg10月31日朝日新聞掲載

サンゴバナ   きつねのまご科
 ブラジル原産の低木。高さ60〜150cm。江戸時代末期に輸入され、当時はユスチシアと呼ばれて観賞用に栽培されました。日本名は花の色にもとずいて珊瑚花と名付けられました。
posted by 西本眞理子 at 22:11 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2006年10月25日

朝日新聞に本が紹介されました

????Ж????????Ζ????????????.jpg 10月24日掲載

シュウメイギクの載った岡山歌壇、俳壇、柳壇 の右がわに、今月出版された植物画の本が紹介されています。お目にとまったでしょうか。表紙はおいしそうな実をつけたオランダイチゴ。前回の「初心者のための植物画」と同様に、制作の手順を詳しく解説しています。
posted by 西本眞理子 at 21:07 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2006年10月24日

シュウメイギク

〓〓〓〓〓〓〓??.jpg10月24日朝日新聞掲載

シュウメイギク   きんぽうげ科
 山野に生える多年生大型草本。観賞用に、庭などによく植えられています。高さ70cm位で、長い地下茎を伸ばして繁殖します。先日テレビの園芸相談を見ていると、庭に植えたシュウメイギクが増えすぎて困っているという人がいました。実際そのお宅では、庭だけでなく、塀の下をくぐって、道にまでシュウメイギクがあふれだしていました。
 漢字は「秋明菊」。秋に咲く、さわやかな印象の菊という意味で名付けられたようですが、菊の仲間ではありません。
posted by 西本眞理子 at 19:57 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2006年10月17日

シコンノボタン

〓〓〓〓〓〓〓(??).jpg10月17日朝日新聞掲載


シコンノボタン のぼたん科

 ブラジル原産の小低木。花は直径約7cm。濃いすみれ色がとても綺麗です。葉にはビロードのように長い毛がびっしりと生えています。花期は夏から秋。曲がった長い葯が蜘蛛の足のように見えるので、「ブラジリアン・スパイダー・フラワー」とも呼ばれています。

posted by 西本眞理子 at 11:47 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2006年10月05日

センニチコウ

〓〓〓〓〓〓????.jpg 10月3日朝日新聞掲載

センニチコウ  ひゆ科
 熱帯地方原産の一年草。高さ40cmくらい。漢名は千日紅。花が長持ちすることからつけられました。花びらのように見えるのは2枚の翼状の小ほうです。(花は小ほうの中にあります)今年は、梅雨の頃に小さなポット苗を10個買って花壇に植えたのですが、夏の暑さにも負けずどんどん拡がって、花壇いっぱいになりました。

〓〓〓〓〓〓〓О??.jpg
posted by 西本眞理子 at 21:38 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2006年09月29日

ヒメヒオウギ

〓〓〓〓〓〓??????.jpg 9月24日朝日新聞掲載

ヒメヒオウギ  あやめ科
南アフリカ原産の球根植物。学名はラペイルージア・クルエンタ。高さ20cmくらい。花色は紅、または白。白花は、中心部が鮮やかな紅色で、とてもかわいらしく、大好きな花の一つです。
posted by 西本眞理子 at 13:49 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2006年09月23日

ミズヒキ

〓〓〓〓??.jpg

〓〓〓〓????.jpg


ミズヒキ    タデ科
山地や山ぎわ、林の草むらに多く生える多年生草本。高さ50〜80cm。花びらのように見えるのは がく。「水引」の意味で、花穂の形から名付けられました。
posted by 西本眞理子 at 10:31 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

キンミズヒキ写真

〓〓〓〓〓〓〓О??.jpg

散歩の途中、とあるお宅の前庭にキンミズヒキとミズヒキを見つけました。細い花茎が風に揺らぐので、なかなかピントをうまく合わせられず、ちょっとぼけていますが・・・・何分カメラは超初心者ですので、すみません。
posted by 西本眞理子 at 10:02 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2006年09月18日

baikautugi バイカウツギ

〓〓〓〓〓〓.??jpg.jpg  9月12日朝日新聞掲載

バイカウツギ  ゆきのした科
本州、四国、九州の山地に生える落葉低木。高さ2mくらい。花期は6〜7月。花の色は白。「梅花ウツギ」の意味で、花が梅の花に似ているところから名付けられました。実際には、梅の花びらは5枚ですので、そっくり、というわけではありませんが、ふっくらと丸い花びらや約20本もある雄しべ、上向きに咲く様子が梅を思い出させます。
posted by 西本眞理子 at 14:34 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png