2008年09月05日

パフィオペディラム

パフィオ小.jpg9月2日朝日新聞掲載

パフィオペディラム    ラン科

名前の由来は、パフィオ(ビーナス)とペディロン(上靴)から。
袋状になる唇弁の形から来ています。名前が長いので「パフィオ」と縮めて言うことが多いです。

東南アジアを中心として、中国、ミャンマーなどが原産。花は多彩で、同じ品種でも個体差が大きいのも特長です。この花は、たまたま花屋で見つけて、一目ぼれして購入しました。パフィオは大きく分けて緑葉系と斑入り葉系に分けられますが、緑葉系の方が低温に強く育てやすいそうです。
posted by 西本眞理子 at 14:53 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2008年09月02日

ツユクサ

ツユクサ小.jpg 8月26日朝日新聞掲載

ツユクサ  ツユクサ科

 日本各地に生育する一年草。
 和名は「露草」。初夏から初秋にかけて、涼しそうなブルーの花を開く。ちょっとじめじめした、道端や庭の隅に生える雑草。青の染料に利用されてきました。


  
posted by 西本眞理子 at 13:24 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2008年08月23日

ハイビスカス彩色

ハイビスカス赤小.jpg

ハイビスカスの花は一日しか咲きません。朝開いた花を大急ぎで描きます。絵を描くために切り取った枝を瓶にさしたままにしておいたら、いつのまにか根が出ていました。もう少し涼しくなったら鉢に植えてみようかと思いますが、果たして挿し木が成功するでしょうか。
posted by 西本眞理子 at 20:12 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2008年08月22日

アンスリューム彩色

アンスリウム.jpg


鮮やかな色と光沢に惹かれて、彩色画も描いてみました。大きな、光沢のある葉は、塗り込むのにけっこう時間がかかるので、3枚だけ。実際は鉢植えなので、もっとたくさんの葉があるのですが、縦長に、すっきりまとめてみました。
posted by 西本眞理子 at 11:50 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

アンスリウム

アンスリウム小.jpg8月12日朝日新聞掲載

アンスリューム    サトイモ科

南米アマゾン原産の常緑多年草。花はハート型の仏炎包の中心に立ち上がった白い棒状の部分。葉は光沢があり、とても美しいです。
属名Anthuriumはギリシア語のanthos(花)とoura(尾)の2語からなります。
posted by 西本眞理子 at 11:44 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2008年08月19日

ハイビスカス

ハイビスカス小.jpg8月19日朝日新聞掲載


ハイビスカス  アオイ科


フヨウ属の低木の総称。もともとが雑種植物なので、花の色・形状ともにさまざまです。教室では7月の課題として、オレンジ色と黄色の物を使ったのですが、このピンクのハイビスカスは一昨年、夏の終わりに元の値段の三分の一くらいで買いました。その後暖房のきいた室内に置いておくと、小ぶりながらも冬中花を咲かせ、今は玄関先で花を咲かせています。
posted by 西本眞理子 at 14:51 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2008年08月10日

フウラン

フウラン小.jpg8月5日朝日新聞掲載

フウラン    らん科

 関東地方以南の本州、四国、九州、南西諸島に分布する常緑の草本。朝鮮・中国にも分布。和名は中国名の風蘭に由来。常緑樹の樹皮や岩場などに生育します。古くから栽培され、園芸的な品種もあります。
 ご自宅で育てていらっしゃる方から頂きました。根が付いているので、ミズゴケでくるんで栽培してみようと思います。
posted by 西本眞理子 at 22:15 | コメント ( 3 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2008年08月01日

タイム

タイム小.jpg7月29日朝日新聞掲載

タイム   Thymus vulgaris
シソ科

地中海沿岸西部に自生する常緑の低木。香草として、肉料理などによく使われ、家庭でもよく栽培されていますます。
葉は肉厚で小さく、夏に淡桃色から白色のかわいらしい花をつけます。
のさわやかな香りとほろ苦い味が特徴。
posted by 西本眞理子 at 16:23 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2008年07月23日

カシワバアジサイ

カシワバアジサイ.jpg

カシワバアジサイ  ユキノシタ科

その名の通り、葉がカシワのように深く切れ込みが入っています。オフホワイトの花が盛り上がるように咲くと、ソフトクリームのようです。
posted by 西本眞理子 at 21:05 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2008年07月05日

レウココリネ

.jpg

レウココリネ  ゆり科

先週は新聞のペン画がお休みでした。毎週、何を描くか、締め切りにあわせてキュウキュウとしています。幸いなことに、お庭に植えている花を下さる方が何人かいて、なんとか毎週違う花を描いています。


posted by 西本眞理子 at 20:00 | コメント ( 3 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2008年06月29日

カキラン

カキラン小.jpg6月24日朝日新聞掲載

カキラン  らん科

名前の通り、きれいな柿色の野生らんです。お庭で栽培しているのをいただきました。
posted by 西本眞理子 at 19:21 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2008年06月21日

バラ

バラ ローズマリー小.jpg6月17日朝日新聞掲載

バラ 「ローズマリー」

 半ツル性の四季咲きのバラ。お椀のようなカップ咲きです。昨年切り花を頂いて、スケッチしてあったものにペンを入れました。ごく薄いピンクだったのですが、夜中に電灯の下で描くと影が強く出過ぎて、色の濃い花のようになってしまいました・・・
posted by 西本眞理子 at 11:03 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2008年06月17日

プラム

プラム小jpg.jpg6月10日朝日新聞掲載

プラム   ばら科
新聞ではオトメリンゴ と名前が付いていましたが、すみません、プラムです。赤く熟したのでかじってみたら、すっぱい! 庭木として植えているものをいただいたので、生で食べるには少々無理がありました。
posted by 西本眞理子 at 21:43 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2008年06月13日

ツルバラ

バラ.jpg

ツルバラ    ばら科

ビロードのような質感の深紅の薔薇です。お庭に植えていらっしゃるのを一枝頂きました。残念ながら品種名はわかりません。花びらは5枚でシンプルですが、それゆえ色が引き立ちます。
posted by 西本眞理子 at 21:30 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2008年06月06日

ヤマボウシ

ヤマボウシ.jpg

ヤマボウシ  みずき科

本州から琉球まで、台湾、朝鮮半島、中国に分布する落葉高木。

我が家の庭の中央に植えられたヤマボウシ。ようやく3m位になっています。今年は木全体が白く見える位、たくさん花が咲きました。といっても、大きな白い花びらに見えるのは実はがく。本当の花は中央に、小さな鞠のように集まっています。秋には紅く熟して食べられます。
posted by 西本眞理子 at 18:49 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

カラタネオガタマ

カラタネオガタマ小.jpg6月3日朝日新聞掲載

カラタネオガタマ    もくれん科

原産は中国南部。山地に自生する常緑高木の「オガタマノキ」と異なり、樹高3〜5mの常緑低木。

「オガタマ」は「オキタマ」(招霊)で、サカキのように神社などによく植えられます。オガタマに似て中国(唐)産である所から、唐種招霊となりました。

バナナに似た香りがするので、英名は「バナナツリー」。花屋ではバナナの木という名前で売られています。(決してバナナはなりません)
posted by 西本眞理子 at 18:39 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2008年05月29日

ラベンダー

ラベンダー.jpg

1週間の個展を終えてようやく一息、と言うところですが、遠方などで来られなかった方から展示作品の紹介をしてくださいという要望がありました。ということで、これまでブログに登場していなかったカラー作品の一部を紹介します。


フレンチ・ラベンダー  しそ科  

ラベンダーはハーブの中でも特に馴染みの深いものです。化粧品や芳香剤などの日用雑貨品にも使用されています。ラベンダーは全部で28種類があり、品種によって草姿、花の形も様々。高温多湿に弱く、平地の夏の暑さで弱ることもありますが、それ以外では性質の強い強健な植物です。
我が家でも、昨年買った鉢植えをプランターに植え替えたら、どんどん増えています。
posted by 西本眞理子 at 19:13 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2008年05月27日

バイカウツギ

バイカウツギ小jpg.jpg5月27日朝日新聞掲載

バイカウツギ   ユキノシタ科

 芳香のある、ウメに似た白い花を着けます。漢字でかくと梅花空木。主に庭木や公園樹として親しまれています。

 高さ二メートルほどの落葉低木で、葉は先の尖った卵型で、対生し、表面には細かい毛が生えます。五〜七月に、三、四センチの四弁の花を、枝の先端に総状花序に着けます。西洋種や園芸品種には八重咲きもあります。

  
posted by 西本眞理子 at 22:25 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2008年05月26日

個展終了しました

スミダノハナビ.jpg

本日16時を持ちまして、半田山植物園での個展を終了しました。天候にも恵まれて、本当にたくさんの方が見に来てくださって、ありがとうございました。植物園の職員の方々にも、いろいろお世話になって。
次回はたぶん、来年の緑化フェアにあわせて何かすることが出来ると思うのですが、今のところ予定は未定です。

絵はガクアジサイの園芸品種で「隅田の花火」 大きな八重の装飾花がきれいです。昨年、教室での課題作品にもなりました。花の終わった鉢植えを庭におろしたら、今年は葉だけ元気です。(肥料が足りなかったのか、花芽はついていません・・・)
posted by 西本眞理子 at 18:17 | コメント ( 2 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2008年05月25日

個展続き

チューリップ.jpg

21日から始まった個展も残すところあと1日。今日は天気も良かったので、約130人の方が会場を訪れました。中には、植物園の散策の前後に、2回見に来てくださった方もいます。
写真は八重咲きチューリップ。今回の作品の中では最も大きなものです。温度で開閉するチューリップは、わずかな時間でもどんどん姿を変えるので、スケッチに苦労しました。
品種名「アンジェリーク」花屋ではアンジェリケと呼ばれています。
posted by 西本眞理子 at 17:24 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png