2010年11月05日

赤磐公民館祭り

案内状赤磐.jpg

11月は展覧会が目白押し。
20日・21日は赤磐市中央公民館祭りの一環で、公民館自主講座の植物画グループも作品展示をします。現在17名のグループです。1年間に描きためた作品46点が展示されます。

会場は中央公民館1階、正面玄関を入って右手の会議室です。他にも、写真やアートフラワー、手編み、洋裁、書、油絵などなど、多彩な活動グループの作品が展示されます。是非おいでください。
posted by 西本眞理子 at 15:27 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2010年11月04日

植物画体験講習訂正

大変申し訳ありません。体験講習申し込みのためのアドレスが間違っていました。
こちらが正しいアドレスです。

macaron@js7.so-net.ne.jp
posted by 西本眞理子 at 19:45 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

植物画体験講習受付

いよいよ半田山植物園での展示まで2週間を切りました。準備のほうも、拍車がかかっています。
毎回展示のたびに行う体験講習も、参加者募集中です。原則的には往復ハガキで半田山植物園に申し込んでいただくのですが、植物園の計らいで(すでに顔なじみになった私の顔パスで?!)ネット経由でも受け付けてもらえることになりました。参加ご希望の方は、以下のアドレスに、

住所・氏名・電話番号・植物画体験教室希望 の旨を書いて送ってください。
必ずタイトルに植物画体験教室申し込み と書いてください。無題だと、迷惑メールとしてはじかれてしまう恐れがあります。

申込先  macaron@js7.so-net.ne.jp

日時  11月20日土曜日  10時〜12時
持参するもの  鉛筆・消しゴム  参加費300円

何を書くかはまだ確定していませんが、紅葉か、木の実か、何か秋らしい題材をと思っています。たくさんの方の参加をお待ちしています。
posted by 西本眞理子 at 12:07 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2010年11月02日

カレンダー

カレンダー表紙.jpg

こちらが岡山植物画の会、オルガ教室Bクラス 13名によるポストカードカレンダーの表紙です。それぞれの月を1〜2名で担当しています。右側の日付の部分を切り取れば、季節の花のポストカードになります。

もちろん、カレンダーに使われた原画も展示します。
posted by 西本眞理子 at 02:01 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2010年11月01日

11月の展覧会情報

案内状岡山植物画の会.jpg

11月17日〜23日まで
半田山植物園展示ホールで、岡山植物画の会会員約30名による、植物画の展示を行います。昨年4月の、岡山緑化フェア(西大寺)から1年半ぶりの教室展。岡山では最も出品数の多い、実りある展覧会です。ぜひ、お誘い合わせの上、おいでください。
先着600名様に、カレンダー原画絵はがきプレゼントがあります。

この絵はがきは、今回教室生13名で作った2011年ポストカードカレンダーのうちの1枚です。どのハガキが当たるかはお楽しみ。カレンダーは会場で500円で販売します。こちらのほうも、よろしくお願いします。

posted by 西本眞理子 at 22:12 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

ナンバンギセル

TS3P00150001.jpg

東山植物園で、すすきに寄生するナンバンギセルを見ました。ふつうはススキの根本に隠れて見えないのですが、なぜかススキのそばに、これだけで生えていました。もしかすると見せるために周囲のススキを刈り取ったのかもしれませんが・・・・
小さな写真ですみません。
理科大の植物園のススキにもこのナンバンギセルが生えていて、以前に観察会の題材にしょうかともおもったのですが、数がそろわないので断念しました。きれいな紅色です。
posted by 西本眞理子 at 02:44 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2010年10月30日

愛知トリエンナーレ

愛知トリエンナーレ.jpg

愛知トリエンナーレ3.jpg

先日の愛知トリエンナーレは、現代美術のお祭り。メイン会場となった、愛知芸術文化センター入り口には、日本を代表する現代美術作家の、草間彌生さんの作品? 水玉模様のプリウスが展示されていました。
草間さんの世界は、あらゆるものが極彩色の水玉模様でできているようで・・・・
花も、カボチャも、この通りです。

植物画とは縁遠い世界のようですが、私は現代美術がけっこう好きで、しばしば足を運びます。「自分の目に見えるモノに忠実に作業する」と言う点で、自分の作業と似ていると思うからです。

草間さんが統合失調症で、妄想や幻覚に悩まされていたことはよく知られています。
他者からみれば、「夢の世界」ですが、彼女にとっては「増殖する水玉に押しつぶされそうになる世界」は間違いなく現実です。

見方を変えると、草間さんの目は、ふつうの「ヒト」の目とは構造が違っているといえるかもしれません。以前テレビで、トンボや魚の目に映る世界を見たことがあります。それは「ヒト」の目に映る世界とは全く別のモノでした。

巨大な水玉の花の前にいると、「ヒト」ではない何かになったような、不可思議な浮揚感を感じました。
posted by 西本眞理子 at 11:40 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2010年10月28日

フェイジョアペン画

フェイジョア 実小.jpg 10月27日朝日新聞掲載

フェイジョアの実をペン画にしました。実物はまだ完熟していなかったので、断面図は写真を参考にしています。

最近はネットで多くの画像を参考にすることができます。植物を頂くときは、普通切り花ですから、写真で全体の雰囲気や実の付き方、枝振りなどがわかるととても便利です。でも、ネットの写真は画質が粗いので、細かいところはよくわかりません。ペン画はごまかしがきかないので、資料を探すのがほんとに大変です。
posted by 西本眞理子 at 23:13 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2010年10月25日

東山植物園 植物画展示

higashiyama255-thumb-170x242-242.jpg

日本植物画倶楽部の研修会で、週末名古屋へ行ってきました。初日は東山植物園で日本の固有植物の植物画展示観賞と元園長先生の案内で園内散策です。

さすが植物園での展示で、植物画と生の植物の同時展示。もちろん、花が咲いているモノはほとんどありませんが、それでも葉の色や大きさ、質感が感じられて、興味深いものでした。
私はカンスゲを展示しています。
posted by 西本眞理子 at 14:36 | コメント ( 2 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2010年10月22日

オキシペタルム写真

オキシペタルム写真.jpg

カラーだと、色の変化がよくわかります。中央後部の葉にテープを貼ってあるのが見えますね。ねじれていたり、垂れ下がっていたり、と少々見栄えの悪い葉は、裏にテープを貼って修正するのです。

植物画を描くとき、よく「目の前にある花を正確に」といわれますが、実際はそうではありません。というのも、「目の前にある花」=その種の花の代表 ではないからです。花びらの数ひとつをとっても、現実には途中で虫に食われたり、奇形だったりで、一定しません。植物画でいう「正確」は「平均」という意味に近いです。つまり、例えばオキシペタルムの花の中には、花びらが4まいであったり、6枚であったりするものもたまにはあるのですが、5枚のものが最も多い。だから、5枚の花びらのものを描く、ということです。
葉も、周囲が波打つていどならいいのですが、裏がえるほどよじれているのは多くありません。だから、修正して描きます。

描き始める前はいつも、テープで貼ったり、支柱で支えたりで、理想の姿にできるだけ近づけるようにしています。
posted by 西本眞理子 at 21:40 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2010年10月21日

オキシペタルム ペン画

オキシペタルム・ピュア・ブルー小.jpg 朝日新聞10月20日掲載

オキシペタルム 
別名・ブルースター、ルリトウワタ
花屋では、従来の花弁の細いタイプがブルースター、丸いタイプがオキシペタルムと使い分けられていました。
茎を切ると、毒性の白い液が出ます。人によってはかぶれます。水切りの際には、水の中で茎を振って、この白い液を流してしまうと水あげが良くなります。

この花の品種名はピュアブルーという品種名で、ブルースターと比べて丈夫で日持ちがするそうです。
posted by 西本眞理子 at 02:28 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2010年10月19日

フェイジョア 写真

フェイジョア写真2.jpg

ペン画教室の生徒さんからフェイジョアの実を頂きました。毎週新聞原稿の材料探しに苦労しているので、助かります! 最近流行のトロピカルフルーツ。

フトモモ科の 常緑低木で、 南米原産です。

花は5〜6月に、赤と白のツートンカラーの花をつけるそうです。(私はまだ実物を見たことはありません。来年にはまた頂けそうなので、そのときにまた) 
10月頃に実が熟し、熟した実はパイナップルのような香りがするそうですが、食べたことはありません。
あまり市販されていないようですが、道の駅で10コ300円で売っていたという話もあります。耐寒性があるので、関東以南なら一般家庭でも栽培可能。

写真の角に映っているのはオアシスです。木の枝を固定するときは、剣山よりもオアシスを良く使います。というのも、ふつうを切るときは、横に張り出している枝を切ることが多きので、剣山では固定しにくいからです。10cm角くらいの大きなオアシスを準備して、側面に枝をさして固定しています。そして、転倒しないように、描かない部分は思い切って切ってしまいましょう。短い方が水あげがよくて、長持ちします。
posted by 西本眞理子 at 17:27 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2010年10月18日

トルコキキョウ

トルコキキョウ1.jpg

植物画教室、今月の課題の花です。
トルコキキョウ 「ロジーナ・ブルー」

青いバラをイメージして改良された品種ということですが、つぼみから徐々に色づいていく、色変わりが何とも美しくて、花屋で一目惚れしてしまいました。写真では青紫ですが、実際は「高貴な紫」ともいうべき、見事な色です。
posted by 西本眞理子 at 00:52 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2010年10月16日

岡山理科大学自然植物園観察会

9月に開催されました、岡山理科大学自然植物園秋の観察会・植物画体験講習の受講生作品がホームページにアップされました。今回初めての参加者も多かったのですが、どれも力作揃いです。下記ホームページから、見てください。
来年の予定はまだ決まっていませんが、たぶん6月くらい??どんな花が咲いているか、楽しみです。

http://www.ous.ac.jp/garden/

植物園ホームページから転載しました
みんなで大学構内を植物採集しているところ
69-1.jpg


採集してきた植物を、実験室で描いています
69-3.jpg
posted by 西本眞理子 at 01:15 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2010年10月15日

県立図書館 パネルディスカッション

o0800113010800863075.jpg

明日土曜日、13時30分〜県立図書館で、鎮守の森についてのパネルディスカッションがあります。古くから聖域として開発の波から守られてきた鎮守の森には、多くの貴重な生物が残されています。身近にあって、意外に知られていないその生態系についてのディスカッション。この機会にいかがでしょうか?
posted by 西本眞理子 at 20:22 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2010年10月13日

ボタニカルアートで描く、日本の固有植物

日本にしか生育していない植物を描いた植物画展が、19日から名古屋の東山植物園で開催されます。
詳しくは  http://www.higashiyama.city.nagoya.jp/05_plant/index.php 東山植物園ホームページ

私はカンスゲを出品します。
カンスゲ 彩色小.jpg

冬でも緑の葉を保っているので、カンスゲの名前がついたそうです。今では見ることもないですが、昔は蓑や笠に使われていました。理科大の星野研究室には、ちゃんと菅笠と蓑が飾ってあります。私はかぶったことはありませんが。


posted by 西本眞理子 at 22:54 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2010年10月12日

センニンソウ ペン画

センニンソウ小.jpg10月13日朝日新聞掲載予定

彩色画とは少し構図が違いますが、センニンソウのペン画です。ペン画はもともと縮小して新聞のカットになることを想定していますから、あまり大きく描きません。使っている紙はB6の大きさです。そこにほぼ実物大で描いていきます。

大学構内では、いたるところで見かけますが、特に植えているというわけではなさそうです。花もきれいですが、花が終わった後の種に長い白い毛があって、まるで仙人のひげのようになります。そこからこの名前がつきました。


posted by 西本眞理子 at 00:05 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2010年10月08日

サザンカの実 ペン画

サザンカ(実)小.jpg 10月6日朝日新聞掲載

サザンカの実をペン画にしました。サザンカの葉は、葉脈がはっきり見えないので、所々に切れ目のある線を使って描いています。
よく似たツバキは脈がくっきりと見えます。もちろん、花が咲いていれば、おしべの根元が筒状にくっついているのがツバキ、ばらばらに分かれているのがサザンカ、とすぐわかりますが、いつでも花が咲いいるわけではありません。

posted by 西本眞理子 at 00:37 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2010年10月05日

ミヤギノハギ 彩色

ミヤギノハギ.jpg

ミヤギノハギを彩色しました。葉の脈を描き込むか、白抜きするかは、このくらい小さい葉になると微妙です。少し迷いましたが、結局控えめに白く抜きました。
葉の向きで脈の角度が異なって見えるので、鉛筆の下書き段階でしっかり描き込んであります。影になっている葉は、脈も当然暗くなっているので、7割くらい明暗をつけたところで、脈に沿って細く隙間を空けながら同じ色を重ね塗りすると、隙間の部分の色が一段薄くなって、白く見えます。
実際は「白」ではないのですが、人間の目は隣り合う色の落差をより大げさにとらえるので、白い脈に見えるわけです。
先に葉全体の明暗をつけてから「白抜き」すると、脈にも明暗がつくので、より自然な感じになります。

posted by 西本眞理子 at 01:38 | コメント ( 3 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2010年10月02日

ミヤギノハギ ペン画

ミヤギノハギ小.jpg 9月29日朝日新聞掲載

ミヤギノハギ

高さ、1-2mの落葉低木。宮城県に多く自生することから、歌枕の宮城野の萩にちなんで命名されたそうです。宮城県の県の花になっています。大学構内の法面に生えていたので、たぶん植えたものだと思います。新聞では、うっかり天地を指定するのを忘れたら、横向きに掲載されてしまいました。 濃い赤紫がきれいなハギです。
posted by 西本眞理子 at 14:55 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png