2011年04月28日

デンドロビウム・カザック

デンドロビウム・カザック写真.jpg

おなじみのデンドロビウム。弁先にピンクが入り、花付きのよい品種です。
杉山洋ラン園選抜品種の スプリングポエジー 「カザック」 。
よく育って、大きな株になるということですが、毎年鉢植えを買っては冬になると枯らしてしまっているのでなんともいえません。

唇弁に薄いグリーンが入って、涼しげです。

posted by 西本眞理子 at 19:34 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2011年04月26日

氷室雪月花彩色

氷室雪月花彩色.jpg

彩色画です。独特の吹き絞りは、下地をカーマイン+黒で薄く明暗をつけておいた上に、穂先を切り落として刷り込み刷毛のように加工した筆で全体に吹き付けたように塗り、その後絞りの模様を細い筆で描き込みました。

色はほぼカーマインのみでつけています。
posted by 西本眞理子 at 20:26 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2011年04月24日

氷室雪月花

氷室雪月花.jpg

三井不動産の元副社長である氷室 捷爾(しょうじ)さん・花子さん夫妻の庭園が、茅ヶ崎市へ寄贈、平成3年10月に開園した茅ヶ崎の氷室椿園。
広さ約2,800平方メートルの和風庭園には、椿や松、バラなど1,300本におよぶ庭木類が植えられています。なかでも椿は約250種類あり、氷室氏が作出した「氷室雪月花」は、白や淡桃色の地に紅色の絞りが入った美しい品種です。

こちらも一枝いただきました。きれいに開きました。
posted by 西本眞理子 at 23:21 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2011年04月23日

ニオイツバキ・彩色

ニオイツバキ彩色.jpg

サザンカ系ということでしたが、落ちるときはツバキらしく、花がまるごと落ちました。

花の影をごくごく薄い カーマイン+黒 でつけた後、薄いカーマインで脈を描き込んでいます。 白い花はとにかく「塗らないこと」が基本です。 
posted by 西本眞理子 at 15:46 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2011年04月22日

ニオイツバキ

ニオイツバキ.jpg

ニオイツバキという、珍しいツバキを一枝いただきました。
ウィキペディアによると、

匂いのイメージのあまりないツバキ・サザンカの中で南西諸島原産のヒメサザンカ(Camellia lutchuensis)には香りが有るが、小輪であるため、他の種類と交配して新品種作りが進められている。現在入手可能な品種は、横浜の村田氏が作出した、港シリーズ(港の曙、港の春、港の桜)八王子の桐野秋豊氏が作出した高尾の香りなどがある。ツバキは赤が主体で、色が派手なので、鳥や虫を呼び寄せるために香りがある必要がないので、香りがないのだという説がある。但しヤブツバキやユキツバキ系統にも香りをもつ個体もある(水吉など)。

強くはないですが、甘い、やさしいにおいがします。
posted by 西本眞理子 at 01:05 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2011年04月19日

岡山理科大学自然植物園 植物画体験教室

毎年春・秋 の2回、恒例の植物画体験教室のお知らせです。
山を歩いて植物採集、スケッチを楽しみましょう。
今年から時間が長くなっていますが、これは講師である私が部屋にいる時間です。
採集とスケッチのポイントなどの共同作業は1時間半くらいです。残りの時間は、各人マイペースで、ゆっくり教室で描かれても、帰っておうちで描かれても自由です。

筆や絵の具など、必要な道具はほとんど準備されています。お気軽にご参加ください!!



平成23年度 岡山理科大学自然植物園主催

「第71回自然観察会:春の植物画教室」

(岡山県生涯学習大学 連携講座)

〜スケッチから始める植物画〜

 

眺めているだけでは寡黙な自然の草花も、描くことを通してさまざまなことを語ってくれます。絵の上手下手は問いません。植物と親しくつきあいたい方、お待ちしています。

日  時 春の植物画教室1 5月21日(土) 13:00〜17:00

     春の植物画教室2 5月28日(土) 13:00〜17:00

     ※2回続けての講座です。

内  容 スケッチから彩色(透明水彩絵の具)まで。

講  師 西本 眞理子(日本植物画倶楽部会員) ブログ「花の絵日記」http://blog.hananoe.net/

場  所 岡山理科大学第21号館4階生物学実験室 場所はこちらを参照して下さい。(PDF)

対  象 一般及び本学の教職員、学生

定  員 30名(先着順)

受付開始 4月18日(月)から、平日の9:00〜17:00の間でお願いします。

申込締切 5月19日(木)まで。

実  費 500円×2回

準 備 物 鉛筆B、Hの各1本、消しゴム、ティッシュペーパー

そ の 他 雨天決行です。また、完成した絵は、植物園のホームページに掲載したいと思います。

アクセス 下記の公共交通機関をご利用下さい。

     岡山駅発(岡電バス)

      @江道線 
       岡山駅3番のりば発11:40→天満屋2番のりば経由11:48→理大東門着12:10

      A岡山理科大学線 
       岡山駅西口広場発12:07→岡山理科大学(正門)着12:27

申 込 先 〒700-0005 岡山市北区理大町1−1

岡山理科大学自然植物園

TEL&FAX:086−256−8462

     担当 松尾
posted by 西本眞理子 at 22:30 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2011年04月17日

ヒトリシズカ ペン画

ヒトリシズカ小.jpg 4月21日 朝日新聞掲載予定

ヒトリシズカ ペン画

花穂の部分と、花を1つ、拡大してみました。
花の拡大には、実体顕微鏡を使っています。ニコンのポータブルサイズ。本来は野外で使用します。一昔前の一眼レフカメラくらいの大きさで、首からぶら下げて使うものですが、もちろん私は机の上において使っています。

雌しべの腹からにょきっと出ている雄しべの軸が白い糸のように見えます。
posted by 西本眞理子 at 23:18 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2011年04月16日

ヒトリシズカ 花の拡大

ヒトリシズカ・花拡大.jpg

ヒトリシズカ の花は、とっくり型をしためしべの腹に、白い雄しべが3本ついています。花粉の入ったやくは、おしべの先ではなく、白い軸の下の方にくっついています。写真では、あまりわかりませんね。

こういう花を見ると、ひとくくりに「花」というイメージが、イメージでしかないことを痛感します。雌しべと雄しべだけのシンプルな形です。
posted by 西本眞理子 at 11:10 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2011年04月15日

ヒトリシズカ

ヒトリシズカ.jpg

別名:ヨシノシズカ(吉野静)

「静」は静御前のことで,花のように見える白い雄しべの軸(花子)が踊っている静御前のように見えるから名付けられたそうです。そして花穂が 1 本であることから一人静です。(フタリシズカという植物もあります)

以前に陰陽師という映画を見ましたが、そのとき安倍晴明役の野村萬斎が踊るシーンがとてもとても美しかったのを思い出しました。大きな衣装の袖がひらひらと、本当に蝶のように舞って、さすがに能役者! と感心したものです。

そう思ってヒトリシズカを見ると、白い袖の動きがスローモーションで捉えられているようで、優雅な白拍子の舞を連想しますね。

posted by 西本眞理子 at 00:06 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2011年04月11日

オーニソガラム 彩色

110410.jpg

先日のオーニソガラム、とりあえず花の部分を彩色しました。黄色の鮮やかさを失わないために、花の影は朱色でつけています。

このように、小さな花がたくさん咲くタイプは、一番綺麗な花を中心に、周囲の花を配置します。バックに緑を持ってきたので、より色鮮やかに見えますね。
posted by 西本眞理子 at 01:37 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2011年04月10日

フランス語オルガ教室

4日から始まったフランス語オルガ教室。見学者4名で賑やかに始まりました。

初級クラスは、ラジオやテレビの講座と同じで、1年で文法を一回りします。(ですから、何年も初級クラスをリピートされる方もたくさんいます)

でも、まったく初めての方もいるわけですから、まずはABCから。
英語とフランス語、使う文字は同じでも、発音がずいぶん違います。
上手に発音するコツは、母音をしっかり発音すること。

母音が単独で使われるときは、原則アルファベット通りに読みます。
A アー E ウー I イー O オー U ユー

習ったばかりの母音に気をつけて、ホテルの名前を読みました。

Hotel de crillon オテル ドゥ クリヨン (Hは読みません)

フランス語風に発音できると、道を尋ねても安心です。

教室の見学はいつでも受け付けています。
コメントくださると、お返事します。
posted by 西本眞理子 at 00:49 | コメント ( 2 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2011年04月08日

オーニソガラム・ダビウム

オーニソガラム・ダビウム.jpg

オーニソガラム・ダビウム  ゆり科

切り花ではよく白いオーニソガラムを見かけますが、こちらは鮮やかなオレンジ。鉢植えで購入しました。とても綺麗な色です。現在彩色作品を製作中。

毎回のことですが、写真撮影に苦労してます。撮った写真を教室で配ろうと印刷すると、画面では綺麗に見えるのに、変に色が濃かったり、暗かったり、特定の色が強かったり。

構図は割合気に入っているのですが、少々ピントが甘いです。
posted by 西本眞理子 at 23:55 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2011年04月02日

福山教室展終了

2011福山教室展5.jpg

福山教室展、本日終了しました。今日はとてもいい天気だったのですが、サクラの開花はまだまだで、お花見には行きませんでした。

サクラには恵まれませんでしたが、ギャラリーには連日60〜80名が訪れて、盛況でした。宇野先生の塗り絵体験教室も好評で、新しい受講生が増えました。

そして自分でスケッチする、植物画教室のほうは、まだ少し空きがあります。月に1回のクラスですが、この春になにか始めてみようとお考えの方、いっしょに植物画を描いてみませんか? 問い合わせはNHK文化センター福山まで。

http://www.nhk-cul.co.jp/school/fukuyama/
posted by 西本眞理子 at 21:30 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2011年03月31日

福山教室展2

2011福山教室展4.jpg

机の上に並べられたのは、宇野先生が講師を務める、「塗り絵から始める植物画教室」の受講生作品です。今回は体験教室も開催されました。繊細な植物画に興味はあっても、長らく絵筆を持ったことがない、という方達にとって、下絵が印刷されているハガキを使って色塗りだけを集中して学ぶ手軽さが好評です。

posted by 西本眞理子 at 01:18 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2011年03月30日

福山教室展

2011福山教室展1.jpg

2011福山教室展2.jpg

2011福山教室展3.jpg

福山教室展に行ってきました。ちょっと風が冷たかったのですが、ギャラリーは花いっぱいで、春を先取りした感じ。2階がカルチャーセンターなので、次々に講座帰り、または開始前の生徒さんが立ち寄ってくれます。

今回は3クラス合同と言うことで、作品数も多く、見応えのあるものになっています。
私は マスカット・ベリーA とボタンを出品しました。 上に飾ってあるのが原画。

下の机の上に置かれているのが、 デジタル印刷で作った縮小版の額絵です。白木風の額に入れて 販売中(2300円   額絵800円+額1500円) 額絵のみでも販売しています。 他にも絵はがきセットや 絵袋セットを2階受付で売っています。

3枚目の写真は、案内状に使った絵などの小品を集めたコーナーです。小さな絵も、マットの切り方を工夫したり、幅広の額に入れたりして、見栄えの良いものに仕上がっています。
posted by 西本眞理子 at 00:32 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2011年03月27日

旅するフランス語

旅するフランス語表紙.jpg

旅するフランス語1.jpg

オルガフランス語講座、今年のフランス語初級テキストです。
フランス語で旅をしようというわけです。

最近のテキストは写真がとても綺麗です。そして、添えられている資料がとても実用的!
第1課では、空港からタクシーに乗ってパリへ向かうわけですが、タクシーの運転手に行き先を言っても聞き取ってもらえないから、ホテルカードを差し出す場面です。

こんな経験、ほんとうにありますよね。私もニューヨークで、劇場の名前を言ってもわかってもらえなくて、持っていたチラシの住所を見せて事なきを得ました。

私は今年、リヨンに行くつもりですが、ホテルカードはしっかり持って行くつもりです。フランス語の発音に問題は無いのですが、ホテルの住所を暗記する自信がありません・・・・。

posted by 西本眞理子 at 20:27 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

ラッパスイセン

ラッパスイセン.jpg

震災と選挙と甲子園 で、 朝日新聞、「歌俳」のコーナーはしばらくお休みです。

薄いレモン色のラッパスイセンを頂きました。写真をとるの普段はグレーの厚紙を使うのですが、ふと思いついてカッター版を使ってみました。

鮮やかな青はちょっと目に痛いですが、格子が入っているので大きさや傾きがよくわかります。これはこれで便利かも!
posted by 西本眞理子 at 10:45 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2011年03月24日

カラー 彩色

カラー・黄.jpg

先日のカラーを彩色しました。
黄色い花は、濁らないように影をつけることが大切です。明るい部分は、最初に塗ったあざやかな黄色をそのままに、部分的に補色(黄色+青紫+黒)影をつけます。

葉の斑は、いったん仕上げた状態から、水筆を使って色を抜きました。
posted by 西本眞理子 at 15:10 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2011年03月23日

搬入終わりました

本日は朝9:30から福山で搬入です。
年に4〜5回展示をしていますが、この時が一番緊張します。

前もってどこに誰の絵を飾るか、展示計画図を作るのも大変ですが、名札がまちがっていないかとか、宅急便で送った額が確実に着いているかなど、心配が多くて。いつも前夜は小学生の遠足状態です。(どぎまぎしてなかなか寝付けません) ただ私は眠れないときは無理に寝ようと思わないので、特に支障はありませんが。

準備中に、新聞社の取材がありました。 太陽新聞という福山の地方紙です。まだお客も来ていないのですが、サクラになって写真も撮りました。福山周辺の方、見てくださいね。

多少のハプニングもありましたが、なんとか展示が終わりました。でも、ほっとしたら写真を撮るのを忘れました。展示風景を紹介できなくて残念・・・・

また来週出かけるので、その時はちゃんと撮してきます!

posted by 西本眞理子 at 01:56 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2011年03月22日

NHK文化センター福山教室展

福山案内状.jpg

いよいよ明日、3月23日から福山教室作品展が始まります。今年はなんと3クラス合同で、作品数も70点を超えます。そとはまだ寒いですが、ギャラリーは百花繚乱。一足先に春です。

ぜひ見に来てください。お城の桜ももうすぐ咲き始めます。
ついでにお花見もできます。

最終日は4月2日ですが、27日の日曜日は休館日ですので、お間違いのないよう、お願いします。私は べりーAとボタンを出品しています。
posted by 西本眞理子 at 01:45 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png