2012年11月10日

気軽にワイン 立ち飲み会

今日は第2金曜日。
西川沿いにある、自然はワインショップ プレブナン でワイン会でした。
お一人様1000円で、4種類のワインを試飲することが出来ます。

フランス語の講師などをやっていますと、すごい「ワイン通」のように思われている節もあるのですが、実際はたしなむ?程度です。 昨年胆嚢の摘出手術もしていまして、量は飲めません。普段はノンアルコールビールを飲んでいて、主人が飲むときにはグラスに1杯くらいつきあいます。

ですから、ワインを買うのはいつもくじ引き状態。よく分からないまま買って、おいしかったらラッキー、です。そういう点から、有料でも、試飲できるというのはありがたいですね。(別に試飲だけで買わなくてもいいし)

沢山飲む人には、2000円(女性は1000円)で15種類試飲というのもあります。私も一度行ったことがありますが、ちょっと量が多すぎて、途中からは注ぐ量を半分に減らしてもらいました。

自然派ワインに興味のある方は、こちらのホームページを見てやってください。

http://www.okayama-wine.com/
posted by 西本眞理子 at 00:07 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2012年11月08日

岡山植物画の会 作品展

案内状・岡山植物画の会.jpg

11月は展覧会の季節。
旧朝日カルチャー植物画教室受講生による、植物画グループ「岡山植物画の会」。
会員32名による、2年に一度の作品展です。

展示作品は ハガキ大〜A2まで、約100点! 中四国では最も大きな展覧会の一つです。
植物園の紅葉も見頃です。
ぜひ足をお運びください。

2012年11月21日〜25日
9:30〜16:30  (最終日 16:00まで)
半田山植物園 展示ホール
posted by 西本眞理子 at 22:21 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2012年11月07日

里山センター 搬入

今日は、岡山市沢田地区にある、操山里山センター入り口ホールに植物画を展示してきました。

高島駅から南へ下り、百間川にぶつかったところで左折、沢田橋を渡って道なりに進むと、すぐです。
11日のイベントにあわせて、今日から19日まで、私の植物画と越山洋三さんの野鳥画が展示されています。

今回、私ははじめての試みで、原画ではなく、ピエゾグラフによる作品を展示しています。
ピエゾグラフはエプソンの登録商標で、同社の上位機種を使った非常に繊細なプリントです。もちろん、画像を調整する技術者の力量に寄りますが、原画にとても近いものができあがります。
きちんと額に入れると、原画と見間違えるほど、そっくり!

インクの耐光性も高いので、気軽に展示することが出来ます。
秋のおでかけのついでに、ちょっと寄り道してください。

岡山市公園協会のホームページより
里山センター 
http://www.okayama-park.or.jp/41
posted by 西本眞理子 at 17:54 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2012年10月31日

観察会 受講生作品

今日は大学で、先日の観察会受講生作品の整理をしました。
今回は17名の方が作品を提供してくれました。

植物園のスタッフといっしょに、作品を一枚一枚台紙に貼り付けました。
台紙は、いつも行っている画材屋さんで、マットの端材をもらってきます。

作品を適当な大きさに切り取り、スプレー糊でで台紙に貼り付けていきます。こうしておくと、色を塗ったときにできた紙の波打ちも押さえられて、スキャンするときにも都合がいいのです。

作品は明日の午後から、ホームページで見られるようになる予定です。
posted by 西本眞理子 at 23:51 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2012年10月24日

観察会2

20日土曜日、岡山理科大学植物園観察会の2回目、彩色でした。

先週のスケッチを家で仕上げてきていただいたので、すぐに彩色にはいります。
リピーターも多いのですが、初心に返って彩色技法のおさらいをしました。

植物画で使う主な技法は 平塗り、ぼかし塗り、重ね塗り、白抜き(塗り残し)、洗い落としの5種類。
これらを組み合わせて、少しずつ進めていきます。
posted by 西本眞理子 at 00:24 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2012年10月13日

岡山理科大学植物園 自然観察会

今日は理科大植物園の自然観察会。例年より少し少なくて、19名の参加でした。
朝晩は寒いですが、昼間は汗ばむ陽気です。
実験室のある21号館から、25号館のエレベーターを使って正面玄関へ。

途中の渡り廊下でムクノキを採集。先週はまだ青い実ばかりでしたが、ピオーネのような黒っぽい紫になっていました。

正門横のハナミズキは見事な紅葉ですが、今年は実が少なくて。
少し下ってアメリカフウを見に行きましたが、すっかり実が落ちてしまって今回はパス。アベマキとサンゴジュを採集しました。

もう少し下って、理大名物巨大エスカレーター付近でキリの実を採集。こちらは描くには余りに大きくて、まあ、珍しいものを見たという感じですね。

今年から時間が延びて、1時〜5時の設定です。ゆっくりとスケッチしました。

来週は彩色です。
posted by 西本眞理子 at 22:23 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2012年10月04日

観察会下見

10月13日の観察会 植物画体験講習にむけて、下見をしました。
先週オープンキャンパスがあったので、会場となる21号館周辺はきれいに散髪されて・・・・

いつもならアラカシやノブドウがいっぱいの水質管理棟付近はめぼしいものがありません。

気分をかえて正門付近を散策しました。

正門から少し下ったところで見つけたアメリカフウ。とげとげの実が機雷を連想させます。ものすごく大きな木なので、自分で実を取るのは不可能ですが、植物園のスタッフに高枝ばさみで切ってもらいました。

それから、アベマキ。こちらも樹齢40年??はあろうかという巨大な木。
岡山では昔コルク生産のためにたくさんのアベマキを植栽したと言うことで、うちの近所の山もすごく多いです。大きなドングリはコマにしたり、ヤジロベエニしたり、子供達のよいおもちゃになります。

アベマキとアメリカフウ.jpg
posted by 西本眞理子 at 10:58 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2012年10月02日

今月の花 デンマークカクタス

デンマークカクタス.jpg

10月の花は、デンマークカクタス。

「シャコバサボテン」というほうが一般的ですね。茎節がの縁に大きなぎざぎざがあって、シャコに見える・・・・・
スーパーではゆでで殻をむいて売っているので、実際の姿を見たことがある人は少ないかもしれません。
私は出身が淡路島ですので、魚屋では生きているのがバケツに入って売られていました。
すごく安くて、300円で鍋いっぱいありました。

まあ、食べられるところは少ないので、鍋一杯でもお腹いっぱいにはなりませんが。

花色は赤、ピンク、白、オレンジ、クリーム色など。デンマークで品種改良された大輪で花付きの良い品種群を「デンマーク・カクタス」と呼びます。
posted by 西本眞理子 at 23:30 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2012年09月24日

ペン画のすすめ

今日は岡山理科大学で、生物学実験。
2週続きでスケッチからペン画の講習です。

ほとんどの学生は高校時代に美術を選択していなくて、絵を描くのは中学校以来という状態です。

まずは鉛筆の持ち方から始めて、伸びやかな一本線を引くことから始めました。

A4の紙の端から端まで、途切れない一本線を描くというのは、なかなかに骨の折れることです。
もちろん誰だって出来るのですが、思ったように線を引くのが難しいのです。

今日はスイセンの模写をしました。
posted by 西本眞理子 at 23:19 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2012年09月16日

尾道に行ってきました

案内状・尾道植物画の会.jpg

案内状・尾道植物画の会2.jpg

尾道花の会 の植物画展に行ってきました。
昨年も案内状を頂いたのですが、予定が合わなくて、いけなかったのですが、今年は連休でお休みがとれたので、ちょこっと旅行気分で出かけました。

台風の影響が心配されましたが、風は強かったものの雨は降らなくて。
映画やテレビで有名な尾道ですが、実際に行くのははじめてです。

普通電車で、ごとごと岡山から約80分。ずーっと似たような風景だったのですが、東尾道まで来て急に海が見えて嬉しくなりました。ひさしく海を見ていなかったので。

会場は駅の横にあるデパート福屋の2階です。超ラッキーなことに、講師の木崎さんにもお会いすることが出来ました。

TS3P0072.jpg

ていねいに、誠実に描かれた植物画20点余。遠くまで出かけた甲斐がありました。
19日までです。

posted by 西本眞理子 at 22:13 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2012年09月15日

コチョウランの品種名

今日は赤磐教室。
いつも花を仕入れる、矢部花園とは目と鼻の先の、赤磐中央公民館での教室です。
普段は取り置いてもらった花を講座の前日に受け取りに行くのですが、ここだけはぞの日の朝に行きます。

ちょうど店長さんがいらっしゃったので、品種名をお聞きしました。16鉢を注文したのですが、入荷はアソートで、

さくら子
サクラ姫
スィーティ
の三種が入りました。

saku7.jpg

楽天の商品ページから、写真と解説をお借りしました。
posted by 西本眞理子 at 00:11 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2012年09月14日

ロタレでの作業風景

P1170029.jpeg

ロタレ植物園スタッフが撮ってくれた写真が送られてきました。
スタッフルームの片隅で絵を描いているところです。

窓の外はすばらしい花畑なのですが、9時から5時まで、ほとんど缶詰で描いてました。
なんといっても、負担してくれた旅費と滞在費分の仕事はしなくっちゃと、プレッシャーで。

二日に1枚のペースで描いてました。描いているのは黄色いピレネーのユリです。
posted by 西本眞理子 at 00:08 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2012年09月13日

超初心者のための植物画 岡山済生会

超初心者のための植物画講座の受講生募集です。
場所は済生会フィットネス・カルチャー。
岡山駅西口 の旧社会保健センターです。

講座名:塗り絵から始める植物画

 木(第1・3・5のみ) 10:00〜12:00  
  10/4〜3/21 18,750円(12回)   
講師  岡山植物画の会会員  宇野 紀子

http://www.okayamasaiseikai-syowa.jp/culture/detail.php?lesson=249

繊細な植物画にあこがれるけれど、学校卒業以来絵筆を持ったことがない・・・・という超初心者むけに、ハガキ大の下絵を使って、透明水彩絵の具の基礎技法を身につける講座です。セロファンを重ねるように、薄塗りで色を重ねていく透明水彩絵の具は、順序を間違えると濁ってしまいます。透明感のある、みずみずしい植物画を描くためのウォーミングアップに、はじめてみませんか?
posted by 西本眞理子 at 13:41 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

岡山理科大学 秋の観察会 申し込み受付

先日お知らせしました、岡山理科大学植物園主催の植物画体験教室の受付が 13日より始まります。

理大構内を散策して植物を採集し、スケッチ、彩色するおなじみの講座です。
紙や絵の具、筆など必要な画材はすべて大学で用意されているので、ほぼ手ぶらで参加できます。(鉛筆BとH程度のみご用意ください。)参加費は2回で1000円。 すごくお得な講座です。

申し込みは先着順ですので、おはやめにお電話ください。

086−256−8462
担当 松尾

2011観察会.JPG
posted by 西本眞理子 at 01:00 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2012年09月12日

植物画 福山教室

さて今日は福山のNHK文化センターで植物画教室。
月1回の講座ですが、リピーターの方が多くて、10月からの講座も満席になりました。ありがとうございます。
全くの初心者の方には、ハガキサイズの下絵付き植物画講座 月曜日 (講師は宇野紀子先生)へお願いします。こちらはまだ少し余裕がありますので、お早めにお申し込みください。

で、前期最後の講座は先日のコチョウラン。

やさしいピンクはオペラとヴァイオレットで作ります。
花びらの先が白くなり、濃いめの斑が入ります。
同じオペラとヴァイオレットを、ヴァイオレット多めです。

少し形は違いますが、一昨年描いた ミモレ の塗り絵です。

コチョウラン・ミモレ塗り絵.jpg

コチョウラン ミモレ.jpg
posted by 西本眞理子 at 00:45 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2012年09月09日

今月の花  コチョウラン

今月の花はコチョウランです。 ということで、先日とてもかわいいミニ・コチョウランを紹介したのですが、やはりその後の入荷が確保できず、一クラスだけになりました。

その後はピンクのけっこう大きな花です。一昨年に描いたミモレに似ています。(でも別品種)
園芸種は毎年つぎつぎ新しいのがでるので、名前を覚えるのも大変です。

で、ほんとに大きいので、お持ち帰り用の袋もぜひ大きなものをご用意ください。

紙袋で花を運ぶ場合、
1 まず新聞紙を丸めてドーナツを作り、袋の底に入れます。
2 ドーナツが動かないように、その両側の隙間に新聞紙を丸めて入れます。
3 花が傷つかないように。柔らかい紙でふんわりつつみます。ホチキスで留めると、簡単です。
4 紙袋の中のドーナツに鉢をいれます。
5 袋の口はしめないように。 中身が花だと見えている方が周囲も気を遣ってくれて!? 安全です。
6 できればぶら下げて持つよりも、かかえて持った方が花の痛みが少なくて済みます。
7 車の場合は、助手席の足下に置くか、椅子においてシートベルトで固定します。

1か月に10日くらい花を運びますが、たまには失敗することもあります。
急ブレーキでひっくり返ったり、車から出すときに引っかけたり。
いつも気はつけているのですが、それでもうまくいかないこともあるものです。

で、
8 花が折れてしまったときは、落ち込まずに切り花にして、さっさとスケッチしましょう。

 
posted by 西本眞理子 at 14:13 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2012年09月01日

今月の花

コチョウラン ミセスブラウン写真.jpg

コチョウラン ミセスブラウン

静岡県・鈴もとが  “ サンライズデライト ” に “ ベイビィ エンジェル ” を交配して育成。
2008年3月に品種登録されたばかりの、新しい蘭。

珍しい 赤茶色がすごく気に入って、即決しました。
サイズ的にも、B4の紙にぴったりおさまります。

で、ただいま一生懸命スケッチしているのですが、何せ珍しいランなので、来週に関しては入荷は全くの未定だそうです。

ということで、水曜日のクラスはこれですが、それ以後に関しては・・・??です。
posted by 西本眞理子 at 17:59 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2012年08月23日

秋の植物画教室

恒例の、岡山理科大学植物園主催、植物画体験講習です。
電話受付は9月13日からです!!



成24年度 岡山理科大学自然植物園主催

「第75回自然観察会:秋の植物画教室」

(岡山県生涯学習大学 連携講座)

〜スケッチから始める植物画〜



 眺めているだけでは寡黙な自然の草花も、描くことを通してさまざまなことを語ってくれます。絵の上手下手は問いません。植物と親しくつきあいたい方、お待ちしています。



日  時 秋の植物画教室1 10月13日(土) 13:00〜17:00

     秋の植物画教室2 10月20日(土) 13:00〜17:00

     ※2回続けての講座です。



内  容 スケッチから彩色(透明水彩絵の具)まで



講  師 西本 眞理子(日本植物画倶楽部会員)  「花の絵日記」 http://blog.hananoe.net/



場  所 岡山理科大学第21号館4階生物学実験室 こちらをご参照下さい。(PDF)



定  員 30名(先着順)



受付開始 9月13日(木)から、平日の9:00〜17:00の間でお願いします。



申込締切 10月11日(木)まで



実  費 500円×2回



準 備 物 鉛筆B、Hの各1本、消しゴム、ティッシュペーパー



そ の 他 雨天決行です。また、完成した絵は、植物園のホームページに掲載したいと思います。



アクセス 下記の公共交通機関をご利用下さい。駐車場(P-1)については裏面の案内図をご参照下さい。

     岡山駅発(岡電バス)

      @江道線 岡山駅3番のりば発11:40→天満屋2番のりば経由11:48→理大東門着12:10

      A岡山理科大学線 岡山駅西口広場発12:07→岡山理科大学(正門)着12:27



申 込 先 〒700-0005 岡山市北区理大町1−1

岡山理科大学自然植物園

TEL&FAX:086−256−8462

     担当 松尾
posted by 西本眞理子 at 23:59 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2012年08月20日

ツユクサ

ツユクサ2.jpg

あいかわらず、毎日暑いです。
1週間のお盆休みで、毎日、本の原稿を描いていました。フランスで缶詰状態になったらすごく仕事が沢山出来たので、今回も期待したのですが、そうはうまくいきませんね。
そうじと洗濯、食事作りに買い物、なにせ家族5人分ですので、結構な量があります。

で、昨日庭のすみにツユクサを見つけました。植えた覚えはありませんが、いつのまにか生えています。
とても綺麗な色ですが、よく見ると花の形は 変 です。 
切り花にするとあっという間にしぼむので、前日つぼみのついたもの切っておくと、こんなふうに咲いてしばらく持ちます。(けして水から出さないように。水から出すとしぼみます)
posted by 西本眞理子 at 00:46 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2012年08月10日

フランスの画材

先日のフランスで買ってきた本を少し訳してみました。
日本の入門書に出てくる画材と少し違うものがありますね。
ダーマトグラフは、学生の時にデッサンに使っていた記憶がありますが、ここ30年ばかり使ったことがありません。鉛筆削りも、最近はシャープペンシルばかりで、ほとんど使いません。
あとは、まあ似たようなものですが、4Hや6Hの鉛筆も個人的には使わないですね。

画材写真1.jpg

des crayons secs
直訳すると乾いた鉛筆
その後に出てくる、油性の鉛筆との対比で、たぶん普通の鉛筆
彩色前のデッサン用 紙の繊維に入り込まないので、パンで簡単にぼかすことができる

des crayons gras
日本で売っている ダーマトグラフ
ガラスやプラスチックに描ける芯が太くて軟らかい色鉛筆
複写するために使う

液体マスキングゴム
おしべや葉脈などの細かい部分を白く残すために使う

鉛筆削り
指を綺麗に保つために

消しゴムはいつも清潔にしておくこと
白いゴムは比較的固い
使うときはできるだけとがった角を使う
必要に応じてカッターナイフで切る
注意:ケシゴムは使いすぎると紙を傷めてしまうので気をつけて使う

水彩画では、白は紙の色 
どんな紙を使うかによって、異なる白になる
posted by 西本眞理子 at 22:29 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png