2014年09月05日

フランスのスターバックス

オルガフランス語講座応用 9月の課題
 今月の話題はスターバックス。岡山にも何軒かありますね。私自身はあまり外でお茶を飲むことが無いのですが、福山教室に行くときは電車の都合で授業までに少し時間があります。で、駅近くのスターバックスに時々寄っていました。(残念ながら昨年閉店して、今はもうありません)何がいいかというと、2階が広くて、ゆったりとしたソファがあって、人も少ないので、ちょっと仮眠できること。自分でコーヒーを持ってきているから、ウェイトレスさんに邪魔されることもないです。店内には、外国人もたくさんいました。やっぱり安心できるのかな、と思いました。外国で喫茶店に入ると、コーヒーひとつとっても何が出てくるかわかりませんし、メニューは読めないし、注文もどうしていいかわからないし・・・・・。その点スターバックスならどこへ行っても同じメニューでしたから。そういえば、オーストラリアに行ったときも、スターバックスに入りました。なんとなく「知っている」という安心感があるのでしょうかね。

さて、フランスのスターバックス。この記事を書いた人は少々否定的ですが、現実には若者を中心に、なかなかの人気だそうです。値段は高いですが、たっぷり飲めるし、時間も気にしないでくつろげるし、旅行客にとってはありがたい存在です。

時事フランス語2014年版 朝日出版
9課 フランスのスターバックス
 モンマルトル。サクレクール。多くの画家、観光客、レストラン。そしてスターバックスが1軒。
 アメリカの有名企業が、モンマルトルで名高いテルトル広場に1軒の喫茶店を開きました。この計画には反対がありました。しかし、充分な資金を持っていたスターバックスは、閉店したばかりのレストランを買い取りました。
 このレストランは、「オ ピシェ ドュ テルトル」という名前でした。かつて、パブロ・ピカソとオーギュスト・ルノワール出会い、歓談したキャバレーでした。ジルベール・ベコーやシャルル・アズナブール・ジャン・ヤンヌが、ここあからデビューしました。モンマルトルの住民は、スターバックスが町のイメージにそぐわないという理由で不満です。
 20年前、マクドナルドがモンマルトルにファーストフード店を開こうとしました。住民はそれを阻止しました。しかし、モンマルトルの丘大きく変わりました。土産物店は雨後の竹の子のごとく増加し、ケバブの売り子達も同じです。今日のテルトル広場は、夢と現実のパリの違いの良い例です。
 「結局、スターバックスもいいんじゃないかと思って。」モンマルトルのある女性店主は言いいます。「広場はもう、昔のままではないわ。スターバックスの開店で変わるものはないでしょう。グローバル化ですもの。ものすごく値上がりした家賃のせいでもあるわ。小さな個人経営ではもう払えないくらい。ええ、もちろん残念には思っています。でも、スターバックスは中国製の土産物店よりはましだわ・・・。」
 しかしながら、スターバックスはフランスではあまりうまくいってはいません。フランスの文化はアメリカのモデルを受け入れにくいのです。フランス人が好むコーヒーはエスプレッソで、大きなカップに入った薄いコーヒーではありません。スターバックスはテイクアウトで儲けていますが、フランス人は歩きながらコーヒーを飲むのは好きではありません。彼等は街の小さなカフェに腰掛けることを好みます。フランス人はアメリカ人のように一日中コーヒーを飲んだりしません。お昼には、フランス人はサンドイッチを食べるより、カフェレストランで定食を食べる方を好みます。
 とにかく、フランスはアメリカではありません。成功するには、スターバックスが変わらなければならないでしょう!

posted by 西本眞理子 at 10:00 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2014年08月29日

岡山市浦安総合公園 南部花と緑の相談所 植物画体験講習

久しぶりですが、浦安総合公園での体験講習をします。
超初心者を対象に、下絵のついたハガキに彩色をします。
材料はすべて準備されていますので、手ぶらで気軽に参加できます。

繊細な植物画に興味をお持ちの方、これからやってみようと思う方、絵心がないからと尻込みしていらっしゃる方、ぜひお気楽にお出かけください。とりあえず、やってみましょう。

日時 9月7日(日) 13:00〜15:30
講師 西本 眞理子
受講料 100円+材料費300円

受講ご希望の方は、往復はがき、またはファックス(FAX  086-265-5354)で、講習会名・住所・氏名・
電話番号・FAX番号を記入し、下記までお申し込みください。           

〒702-8025                  
岡山市南区浦安西町148-1                  
岡山市公園協会 南部花と緑の相談所

※お問合わせ TEL:(086)-261-8588
posted by 西本眞理子 at 22:33 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2014年08月25日

2015年のカレンダーが出来ました。

15-1.jpg

例年、岡山植物画の会会員で作る、ボタニカルアートカレンダー。来年の分が、印刷されてきました。表紙は私の作品で、プリンセチアです。プリンスのように愛らしいポインセチアということで名付けられた、サントリーフーズ作出のポインセチア。葉っぱの多さに苦労しました。

なお、カレンダー部分の12日が祭日になっていませんが、実際の印刷ではちゃんと赤になっています。
posted by 西本眞理子 at 00:10 | コメント ( 1 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2014年08月20日

時事フランス語教室 岡山駅西口

久しぶりに、フランス語の話題です。
岡山駅西口でフランス語の教室を開いていつのまにか20年です。
ひととおりの文法ができて、フランスの文化や歴史に興味がある方向けの応用クラス。
ネイティブのフランス人がついて、1ヶ月4000円のリーズナブルな教室です。初級会話だけでは物足りない方、ぜひ一度見学に来てください。題材は2週に1話の割合で進んでいくので、いつからでも参加できます。

岡山駅西口 徒歩3分。
岡山コープ オルガビル5F
毎週 月曜日 11:20〜12:30
入会金  3000円
月謝   4000円
テキスト代  年間 3000円

興味のある方は この記事にコメントを入れてください。

8月の課題
8課 闘牛と憲法  試訳

 闘牛といえばすぐにスペインが思い出されますが、世界では、それ以外の地域でも闘牛は行われています。
 フランスでも、およそ50の都市に闘牛場があります。それらはすべて、フランス南部にあります。闘牛で有名な都市は、バイヨンヌやニーム、アルル、ベジエ、ダックスなどがあげられます。
 定期的に、闘牛は議論の種になります。一方には反対派がいて、彼等は牛に対する暴力や残虐性を口にします。他方、賛成派もいて、地域の伝統や文化を唱えます。
 それでは、闘牛は野蛮なものでしょうか? それとも文化でしょうか? 禁止すべきもの、それとも保存すべきものでしょうか?
 かつての文科省大臣であったフレデリック・ミッテランは、2011年に闘牛術をフランスの無形文化財に指定しました。「闘牛術」は「闘牛」と同じ意味ではありません。闘牛術の中に闘牛があり、闘牛で雄牛が死にます。しかしまた、ランド地方の闘牛やカマルグ地方の闘牛のように、雄牛が死なない闘牛もあります。
 闘牛術は、雄牛と戦う技術です。しかし、スペインの闘牛と、ランド地方や、カマルグ地方の闘牛には大きな違いがあります。とりわけ雄牛にとって。
 反闘牛協会は、告訴しました。彼等によると、闘牛は憲法違反です。なぜならフランスの法律は動物に対する虐待が禁じています。動物を虐待すると、2年の懲役と罰金30,000ユーロが課されます。
 しかし、この法律には二つの例外があります。それが闘牛と闘鶏で、伝統的な地方行事で中断されることなく続けられている場合は例外とされます。
 憲法委員会は闘牛がフランスの憲法に合致するかを検討しました。その見解は肯定的なものでした。伝統的に闘牛を行ってきた一部の地域では、闘牛を合法とするというものです。
 闘牛反対派にとって、唯一の解決方法は法改正です。しかし、誰が変えるというのでしょう。左派にも右派にも、賛成派と擁護派がいます。それは文化的と言うよりは政治的問題です。
 議論はおさまりそうにありません。
posted by 西本眞理子 at 22:04 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2014年08月12日

今月の花  グロキシニア

グロキシニア 塗り絵2.jpg

8月は福山以外の教室はお休みです。
久しぶりにグロキシニアが手に入りました。
さほど値段は高くないのですが、管理が少々面倒で、上手に水やりしないとすぐにぐったりしてしまいます。平たい球根があるので、うまくいけば何年でも咲かすことが出来るのですが。

初心者のための植物画でとりあげたので、詳しい解説はそちらを見てください。
葉も茎も、けっこう毛むくじゃらなのですが、描きすぎると重たくなってしまいます。
毛を描く前に、しっかり明暗をつけておくのが明るく仕上げるこつです。

posted by 西本眞理子 at 00:38 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2014年08月09日

カルドン

カルドン.jpg

今年も、木の葉画廊のボタニカルカレンダーに参加します。
題材は カルドン。
花の直径が10cmにもなる巨大なアザミです。

植物画を描き始めて間もない頃に、思いがけず上手に描けたせいで、なんとなくアザミが好きです。とげとげの葉っぱとは対照的に、ふわふわ柔らかい花になんともいえず惹かれます。

posted by 西本眞理子 at 00:27 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2014年07月29日

フウラン 春及殿

フウラン・春及殿.jpg

珍しい、八重咲きのフウランです。つぼみでいただいたので、咲いたものと2本立ちにしてみました。
花が白くて、全体が地味なので、少しミズゴケも描いています。
posted by 西本眞理子 at 17:07 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2014年07月26日

フウラン 翡翠

フウラン・ヒスイ.jpg

名前の通り、薄緑色の花が珍しいフウランです。
葉の色も、他の色よりも少し濃いですね。
きれいに咲いた鉢をお借りしました。
posted by 西本眞理子 at 23:08 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

フウランの学名

フウランの学名が、2013年から変わっています。
新学名  Vanda falcata


posted by 西本眞理子 at 10:55 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2014年07月25日

今月の花 フウラン

フウラン・猩々の舞.jpg

7月の課題は、予定していたクチナシが途中で品切れになってしまったので、3種類になってしまいました。
で、半田山教室は ちょっと珍しい フウラン。 実は昨年同時期に半田山植物園で展示していたグループのかたに、特別に分けてもらいました。

花びらの先がほのかな赤紫の「猩々の舞」という品種です。

posted by 西本眞理子 at 20:02 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2014年07月24日

今月の花 クチナシ

クチナシ.jpg

暑さにかまけて、ブログの更新がおろそかになっています。
(なんて、実はここのところ数ヶ月ですが)

久しぶりの今月の花 です。

クチナシは何年か前にも課題として取り上げたのですが、そのときは自分の作品は仕上げませんでした。(下塗り状態で放置!!)たいてい、後で塗ろう、と思いつつ、次の花が来てしまってそのままになることが多いのですよね。

今回はちゃんと最後まで塗りました。といってもB5サイズの小品なので、彩色時間は1日ですが。

鉢植えなので、なかなか都合良く花が咲かなくて、あちこちの枝を切り貼りして合成しています。
posted by 西本眞理子 at 10:39 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2014年06月26日

ダンスパーティ 塗り絵途中

ダンスパーティ 塗り絵_0001.jpg

アップが前後してしまいましたが、教室での説明用に塗ったものです。左側の葉は、暗い緑で明暗をつけた後、明るい緑で彩色しています。葉先は黄緑です。明暗だけの右側の葉と比較してみてください。

飾り花は、中央が白いので、先半分に色をおいて、中心に向けてぼかしています。それが乾いたら、谷折りに見えるように、影になっている片側だけに同じ色を重ね塗りしています。
posted by 西本眞理子 at 23:08 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

ダンスパーティ 塗り絵2

ダンスパーティ 塗り絵.jpg

先日のダンスパーティの塗り絵完成図です。塗り絵は、あまり時間を掛けすぎないで、全体を薄く塗ります。仕上げにぐっと濃い色を、ポイントになるところに入れて全体を引き締めます。 ここでは、飾り花の重なった影をマゼンタでいれています。
posted by 西本眞理子 at 00:11 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2014年06月20日

ダンスパーティ 彩色1

ダンスパーティ 葉1.jpg

今週は、ダンスパーティの彩色です。
大きくてでこぼこした、アジサイの葉はなかなか手強い葉の一つです。

とりあえず、深い緑一色で明暗をつけます。
一昔前の、白黒写真のようですね。
posted by 西本眞理子 at 01:40 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2014年06月12日

ダンスパーティ 塗り絵

ダンスパーティ塗り絵s.jpg

先日の下絵から、塗り絵を作りました。左下の花の上部です。
アジサイの葉はでこぼこしていて、塗るにはなかなか手強いものです。
このようにでこぼこした葉は、最初に白黒写真のように影をつけてから、全体の色を塗ります。

葉脈も、下書きの段階から、いつもより詳しく描き込んでおきます。
葉の向きによって、葉脈の形がかわるところに注目です。
posted by 西本眞理子 at 01:58 | コメント ( 2 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2014年06月09日

ダンスパーティ2

アジサイは長崎市の花です。
長崎といえばシーボルト。自分の愛人の名前「楠本滝:通称、お滝さん」から、
「おたきさんばな」→「オタクサ」と「ハイドランジア・オタクサ」という学名を付けたことで有名です。
(現在では使われていないそうです。)

紫陽花の品種は多く、日本には約150種、ヨーロッパで改良された園芸品種が400〜500種あるそうです。

ピンクの八重咲きガクアジサイ「ダンスパーティー」は、加茂花菖蒲園さんのオリジナル品種で、八重の星型ガクが、ユラユラ揺れるとダンスパーティーで踊っているみたいと言う事で付いた名前だそうです。

とりあえず、下書きができました。
ダンスパーティ下書きs.jpg
posted by 西本眞理子 at 16:43 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2014年06月07日

今月の花

アジサイ ダンスパーティー.jpg

ガクアジサイ「ダンスパーティ」
新学期に入って、授業の準備やら観察会、たまっていた山田養蜂場のイラストなど、連日忙しくてブログの更新が出来ていませんでした。 6月になって少し落ち着いたので、また記事を書いていきたいと思います。

今月の花は ガクアジサイの一種、ダンスパーティ。 2008年頃から流通し始めた、新しい品種です。
花の形は 以前に描いた スミダノハナビ に似ていますが、色がかわいいです。

実は5月の母の日用に店頭に並んでいたのがすごく淡いピンクで、ぜひ6月にと注文を掛けていました。で、今月入荷したのですが、5月に見たときよりも一回り大きくて、色も濃いし、以前の可憐さよりは元気印のお嬢さん、という感じ。なるほど、5月のは温室育ちのお嬢様だったのねと、勝手に納得しています。
posted by 西本眞理子 at 10:12 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2014年05月09日

根っこも描いてみました

Nアルストロメリア.jpg

先日アップしたアルストロメリア。鉢植えのままでは元気がなくなってしまうので庭に植えました。で、植え替えのついでに、根っこを描き加えました。アルストロメリアの根は、ぷくぷくと太って、土の中にあると太った芋虫を連想します。
posted by 西本眞理子 at 22:52 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2014年05月02日

今月の花 アルストロメリア

アルストロメリア.jpg

アルストロメリア  ユリズイセン科

南米に60〜100の野生種が分布。原産地とその花姿から「ペールのユリ」「インカ帝国のユリ」などの異名があります。和名は「ユリズイセン※1」。以前はヒガンバナ科に分類されていましたが、現在では新たに設けられたユリズイセン科に属します。
地下茎を伸ばして地中に白くてやや細長い球根(塊根※2)をつくります。花の最盛期は5月〜6月ですが、四季咲き性の品種は春〜晩秋まで花を咲かせます。花色は白、オレンジ、ピンク、赤などカラフルで花びらには条斑(じょうはん)というすじ状の模様がはいるのが特長です。茎はやや太めでまっすぐ立ち上がり、葉っぱはなぜか180℃くるりとねじれて裏側が上を向きます。
-来歴・由来-
日本にお目見えしたのは1920年代。
アルストロメリアの名前はスウェーデンの植物学者アルストロメール(1794年没)に由来します。

※1 ユリズイセン…正確にはアルストロメリア・プシッタキナ(プルケラ)という特定の品種のことを指す
※2 塊根…根が肥大して球根上になったもの

ヤサシイエンゲイ より抜粋

春休みをはさんで、クラスによっては少しずれてしまいましたが、4.5月の課題です。展覧会や観察会で忙しくて、なかなか仕上がらなかったのですが、ようやくだいたいの形になりました。
posted by 西本眞理子 at 22:01 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png

2014年05月01日

大阪市立大学付属植物園に行ってきました

sasayuri02-thumb-170x247-776.jpg

展示の最終日、日本植物画倶楽部の佐伯さん、野田さん、岡山植物画の会の松岡さんの三人の展示会に行ってきました。わざわざ最終日・・・・ですが、これはちゃんと理由があって、最終日は搬出のためにみんな来ます。それで、久しぶりにみなさんにお会いすることが出来て、おしゃべりに花が咲きました。



posted by 西本眞理子 at 01:16 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png