2021年10月03日

カラー点描による 植物画体験講習 大元公民館

コロナによる緊急事態宣言で多くの公民館や公共施設が閉鎖されていましたが、今月からようやく通常通りになりました。
開催を危ぶまれていた、大元公民館での植物画体験講習ですが、予定通り開催されます。

時 10月9日・23日 13時〜15時
場所 大元公民館
材料費 500円(4色のペンセットと紙・練り消しゴムを会場でお渡しします)

持参品 鉛筆HB〜B 消しゴム 色鉛筆(2週目で使います)

今回は赤い実がかわいい、ハナミズキを描く予定です。
(植物は準備されています)

お問い合わせは 大元公民館へ。
posted by 西本眞理子 at 20:16 | コメント ( 0 ) | 日記  comment.png

2021年09月29日

9月の花 宿根ロベリア

210928_roberuta.jpg

サワギキョウの園芸品種です。

野生のサワギキョウは絶滅危惧種で、岡山県では自然保護センターで見ることが出来ます。

野生のサワギキョウは高さが1mくらいになります。

今回は鉢植えで高さ30cm位の物を買ったのですが、描いているうちにもどんどん伸び上がって、今では50cm位になっています。
posted by 西本眞理子 at 00:28 | コメント ( 0 ) | 日記  comment.png

2021年09月28日

大阪ボタニカルアート展

2110大阪ボタニカルアート展案内IMG.jpg

緊急事態宣言もようやく解除されるようです。今回は見に行けそうです。

今回私は来年のカレンダーに使った スイセン と バラ のカラー点描画を出品の予定です。

posted by 西本眞理子 at 02:19 | コメント ( 0 ) | 日記  comment.png

2021年09月25日

点描画 イチジク

210925_ichijiku.jpg

ようやく涼しくなってきました。 コロナも終息の気配で、来月からはいつも通りのペースに戻れそうです。

相変わらず、カラー点描画を描いています。

先日スーパーで買ったイチジクを描きました。 今回は沢山のペンを使って、点を重ねています。 点うちにだいたい2時間くらいかかりました。
posted by 西本眞理子 at 14:31 | コメント ( 0 ) | 日記  comment.png

2021年09月22日

牧野記念庭園記念館 展覧会

牧野記念庭園記念館 ツツジ・シャクナゲ大図譜IMG.jpg

東京練馬区にある、牧野記念庭園記念館 での植物画展示の案内です。
日本を代表する植物画家、太田洋愛さんのツツジ・シャクナゲ大図譜の原画の展示です。
部分図を描いた 浅野ひさよさんの絵も展示されます。

会期が長いので、コロナが終息すればぜひ見に行きたいです。

いろいろ制約もありますが、少しずつ展覧会も増えています。私たちも、来年は通常通りに展示出来ればいいなあと思っています。
posted by 西本眞理子 at 23:12 | コメント ( 0 ) | 日記  comment.png

2021年09月17日

教室の再開について

緊急事態宣言の停止に伴って、今週から教室を一部再開しました。

フランス語 月曜日 岡山コープ 13日より再開
植物画  水曜日 岡山植物画の会  15日より再開
     火曜日 NHK文化センターふくやま 通常通り
     
金曜日の 赤磐植物画の会、半田山植物画の会は9月30日まで施設が閉鎖されているため、再開は10月になります。

いつもよりずっと長い夏休みになってしまいましたが、ようやく暑さも和らぎました。
展覧会は今年も開催できそうにありませんが、来年に向けて、描きためておいてください。
posted by 西本眞理子 at 16:21 | コメント ( 0 ) | 日記  comment.png

2021年08月29日

2021年植物画倶楽部展 日本の固有植物コーナー

2021植物画倶楽部展IMG_1262.jpg

2021植物画倶楽部展IMG_1266.jpg

2021植物画倶楽部展IMG_1268.jpg

緊急事態宣言もあって、自分では見に行けなかった倶楽部展ですが、会場の写真を送っていただきました。ブログ掲載は可ということで、紹介させていただきます。(見に行きたかったです〜。)

図譜用の絵なので、園芸植物のような華やかさはありませんが、丁寧に描かれた部分図が目を引きます。図鑑の絵はまず、同定のキーになる部分を確実に見せるかと言うことですので。

2021植物画倶楽部展ナルコスゲIMG_1266.jpg

出品作品のナルコスゲも、もともと白黒で描いていたものを再構成して、彩色しました。

posted by 西本眞理子 at 14:57 | コメント ( 0 ) | 日記  comment.png

2021年08月27日

緊急事態宣言に伴って、教室はお休みです

相変わらず、日々増える感染者数で、岡山でも2回目の緊急事態宣言が出されました。
外出はなるべく控えて・・・ということで、来週から2週間、岡山での教室はお休みです。

とても残念ですが、今月は自由課題と言うことで、お好きな花を描いておいてください。

私も先日2年越しに描いていた、ヒメウラシマソウがようやく完成しました。来年のカレンダーに使う予定です。
posted by 西本眞理子 at 00:29 | コメント ( 1 ) | 日記  comment.png

2021年08月18日

エキザカム 彩色

210818ekizakamu.jpg

鉢植えが枯れてしまったので、写真を見ながら彩色しました。

posted by 西本眞理子 at 03:00 | コメント ( 0 ) | 日記  comment.png

2021年08月12日

8月の花 エキザカム  ニューギニアインパチェンス

エキザカム写真DSC06345.jpg

ニューギニアインパチェンス 写真DSC06378.jpg

お久しぶりです。ステッドラー社の販促グッズとイトリンのパンフレット挿絵の仕事がかぶって、ブログの更新を怠けていました。とりあえず、どちらも納品が終わったので、普段の仕事に戻ります。

さて、8月は基本的に夏休みなのですが、月に一度の講座の福山と、コロナのせいでお休みが多くなってしまったオルガ植物画クラスは教室を開いています。で、オルガクラスの今月の課題はエキザカム。 サファイア と名付けられた大輪種です。本来戸外で育てる品種なのですが、先日来の猛烈な暑さで室内でそだてていますが、実は夜クーラーが切れてしまって、室内が蒸し風呂状態になってしまいました。一応生きてはいますが、沢山ついていたつぼみは壊滅状態で・・・・仕方がないので写真を見て描いています。

福山教室の課題 ニューギニアインパチェンスは、エキザカムの失敗を反省して、風通しの良い玄関に避難させています。こちらは花は元気です。

posted by 西本眞理子 at 23:47 | コメント ( 0 ) | 日記  comment.png

2021年07月20日

今月の花 アンゲロニア

アンゲロニア写真DSC06300.jpg

7月の花は アンゲロニア エンジェルフェイス です。
以前にも濃い紫のアンゲロニアを描きましたが、こちらは大輪 バイカラーの園芸種。

ウェッジウッドブルー と言う名前ですが、ブルーというよりは紫です。 丈夫な花で、秋まで咲き続けるという触れ込みでしたが、先日までの雨で、花が落ちてしまい、今のところ次の花を待っています。

posted by 西本眞理子 at 10:22 | コメント ( 0 ) | 日記  comment.png

2021年07月19日

カラー点描画 くちなし2

210719_kuchinashi.jpg

教室が始まり、イラストの仕事が重なって、ブログの更新が空いてしまいました。
もうしわけありません。

やや黄みがかった白のクチナシです。重なった花びらの中心がオレンジがかって見えます。
ちょっと点を打ちすぎたかもしれません。
posted by 西本眞理子 at 01:42 | コメント ( 0 ) | 日記  comment.png

2021年06月29日

点描画 くちなし

210629_kuchinashi.jpg

何年も前に鉢植えで買って、庭の片隅に植えてあったクチナシです。今年も咲きました。

今回、色鉛筆の下塗りをしていません。
posted by 西本眞理子 at 23:47 | コメント ( 0 ) | 日記  comment.png

カラー点描画 ミニバラ2

210629_minibara.jpg



posted by 西本眞理子 at 23:41 | コメント ( 0 ) | 日記  comment.png

2021年06月22日

点描画 ミニバラ

210616minibara.jpg

紫がかった濃いめのピンク。「パープルビューティ」です。

下塗り
花 ピンク 紅色

茎 黄緑

葉 茶 黄緑  緑

点描
花  マホガニー  レッドバイオレット

茎  サップグリーン ういろグリーン

葉  グリーンアース  グリーン  ウイローグリーン

細かい鋸歯は、点ではなく、きれきれの線で描いています。
posted by 西本眞理子 at 00:55 | コメント ( 0 ) | 日記  comment.png

2021年06月20日

講座を再開します

お元気ですか? 緊急事態宣言を受けて停止していました講座を、明日21日から通常通り再開します。

とはいえ、1ヶ月以上にわたる長いお休みで、だらだら過ごす癖がついてしまって、明日からの生活がとても不安です。
とりあえず、家から出ることから始めましょう。 今月の花はありません。5月のアジサイの続きから始めたいと思います。
posted by 西本眞理子 at 16:13 | コメント ( 0 ) | 日記  comment.png

2021年06月18日

点描画 木立セネシオ2

210616kodachiseneshio.jpg

先日の木立セネシオ、中心の筒状花周辺を少し濃くしました。舌状花の隙間にはがくが見えるので、緑で塗っています。

前回書き忘れたのですが、舌状花の下塗りは、表は紫+青 ウラは紫だけで塗っています。
点は同じ色ですが、下塗りの色が違うので、微妙に異なる色に見えると思います。
posted by 西本眞理子 at 23:07 | コメント ( 0 ) | 日記  comment.png

2021年06月15日

点描画 木立セネシオ

210611kodachiseneshio.jpg

ずいぶん以前に描いた、セネシオです。

色鉛筆による下塗り

花  紫 青
茎・がく  黄緑
葉  黄緑  緑  深緑

点描
花  ライラック  ダークモウブ
茎  ウィローグリーン
葉  サップグリーン  グリーン  グリーンアース
posted by 西本眞理子 at 00:14 | コメント ( 0 ) | 日記  comment.png

2021年06月13日

色鉛筆で下塗りするわけ

先日から紹介している、カラー点描画ではいつも色鉛筆で下塗りをしています。
この色鉛筆での下塗りは、必ずしなければならないというわけではありません。

実際、大人が楽しむ 点描画ぬり絵 では、下塗りをしたものと、しなかったものの2種類のお手本画を載せています。

下塗りをしない場合は、もとの紙の白さを生かすことが出来ます。点の密度や色の組み合わせをより繊細に表現することが出来ます。

下塗りをする場合、少ないペンで複雑な色を作れますし、より手早く仕上げる事が出来るでしょう。

そして何より、前もって薄く色を塗っておくことによって、塗り間違えることを防ぐことが出来ます。
これは水彩画でも同じなのですが、細かい花や葉が重なっているとき、うっかり葉と葉の隙間に色を塗ったり、葉の裏表を間違えたりすることがあります。ペンは一度描いてしまうと取ることが出来ません。薄く色鉛筆で塗っておくと間違いが少ないのです。

(そのため、私は消しゴムで消すことの出来る色鉛筆を使っています)

また、少し濃淡をつけておけば、影をつけるときにも役立ちます。

色鉛筆はメインではありませんが、ちょっとした隠し味だと思って使えば、より点描画を楽しむことが出来ると思います。


本の表紙になったラナンキュラスは、色鉛筆での下塗りはしていません。

71MmzxvwaTL._AC_UL320_.jpg

posted by 西本眞理子 at 17:02 | コメント ( 0 ) | 日記  comment.png

2021年06月12日

点描画 ノブドウ2

210611nobudou.jpg

大きな葉は、ちょっと時間がかかりました。

今回は使う色数を増やそうと思ったので、葉には3色使いました。
水彩と同じで、カラーペンは濡れた状態で次の色を置くとにじんでしまいます。
沢山の点を打つときは、前に打った点が乾いてから次ぎを打ちます。

posted by 西本眞理子 at 11:23 | コメント ( 0 ) | 日記  comment.png