2008年03月06日

ケイオウザクラ

ケイオウザクラ小.jpg3月4日朝日新聞掲載

ケイオウザクラ    ばら科

シナミザクラとカンヒザクラの雑種。花弁はやや細長く、淡紅紫色。萼筒に毛が生えています。温室を利用して正月の切り花用に栽培されています。(枝は切られてもすぐ伸びるそうです)
外はまだ冷たい風が吹いていますが、花瓶に生けたこの花のおかげで部屋の中はすっかり春の気分です。
posted by 西本眞理子 at 00:22 | コメント ( 2 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png
この記事へのコメント
京王さくら私も○○さんからいただき描いてみましたが
蕾 半開きの花の様子と満開に咲いた花の様子と少し違いがあったように見えました。観察力がなく、違った花になっていまいました。でも花はよく持ちました。
2〜3日前に散りました。この花は枝はどんどん伸びるのですね。
Posted by 秋桜 at 2008年03月08日 12:41
確かに、ケイオウザクラの花の色はソメイヨシノに比べると少し濃いようですね。切り花用に、つぼみの段階で枝を切って咲かせるので、どうしても少し開き方がむらになってしまうようです。自然の状態で咲かせたら、もっと綺麗に開くと思うのですが。
Posted by at 2008年03月09日 23:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック