2021年06月13日

色鉛筆で下塗りするわけ

先日から紹介している、カラー点描画ではいつも色鉛筆で下塗りをしています。
この色鉛筆での下塗りは、必ずしなければならないというわけではありません。

実際、大人が楽しむ 点描画ぬり絵 では、下塗りをしたものと、しなかったものの2種類のお手本画を載せています。

下塗りをしない場合は、もとの紙の白さを生かすことが出来ます。点の密度や色の組み合わせをより繊細に表現することが出来ます。

下塗りをする場合、少ないペンで複雑な色を作れますし、より手早く仕上げる事が出来るでしょう。

そして何より、前もって薄く色を塗っておくことによって、塗り間違えることを防ぐことが出来ます。
これは水彩画でも同じなのですが、細かい花や葉が重なっているとき、うっかり葉と葉の隙間に色を塗ったり、葉の裏表を間違えたりすることがあります。ペンは一度描いてしまうと取ることが出来ません。薄く色鉛筆で塗っておくと間違いが少ないのです。

(そのため、私は消しゴムで消すことの出来る色鉛筆を使っています)

また、少し濃淡をつけておけば、影をつけるときにも役立ちます。

色鉛筆はメインではありませんが、ちょっとした隠し味だと思って使えば、より点描画を楽しむことが出来ると思います。


本の表紙になったラナンキュラスは、色鉛筆での下塗りはしていません。

71MmzxvwaTL._AC_UL320_.jpg

posted by 西本眞理子 at 17:02 | コメント ( 0 ) | 日記  comment.png
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: