2013年08月11日

ツール・ド・フランス

フランス人の自転車競技にかける情熱は、理解しがたいものがあります。昨年私はフランスアルプスにあるロタレ植物園に行きました。土曜日まで滞在する予定でしたが、土日に自転車競技があって道が封鎖されるから山から下りられません。急遽金曜日の夜に町まで降りる羽目になりました。二日間も道路を完全に封鎖するなんて!? しかもヴァカンス客がいっぱいのこの時期に!(7月でした)

確かに見事なスタイルの競技者達が何人も急な坂道を上り下りするのを横目で眺めていましたが、封鎖の話は聞いてない。スタッフも木曜日になって言うんだから、びっくりです。

私はあまりスポーツ観戦の趣味はなくて、(バレエや演劇を見るのは好きですが)走り去る自転車を見る楽しみがよくわかりません。テレビで見た方がよっぽどよくわかるように思うのですが・・・・・

でも、フランス人達は嬉々としてテーブルを用意し、飲み物や食事を準備して、競技者達が通り過ぎる瞬間大歓声をあげて、その後はまた次が来るまでゆったりと飲んだり食べたりおしゃべりしています。私たちのお花見と同じようなものなんでしょうかね。

ということで、今月のオルガ教室応用クラスの課題は ツール・ド・フランスです。

8課 ツール・ド・フランス (試訳)

 ぼくはマルタン。コルシカに住んでいます。自転車が大好きです。週末は毎週、所属しているクラブか、父親とツーリングに出かけます。もちろん、毎年ツール・ド・フランスはテレビで見ます。
 ツール・ド・フランスは世界的に有名な自転車競技で、190カ国でテレビ放送されています!競技は3週間に及びます。選手達はおよそ3000kmを走ります。
 最初のツール・ド・フランスは1,903年でした。二つの世界大戦中の11年間は開催されませんでしたので、今年2,013年は100周年になります。そして今年は、コルシカから出発します。僕はとてもうれしいです。ツール・ド・フランスがコルシカに来るのは初めてです。ポルト・ベッキオからバスティア(200km)、バスティアからアジャクシオ(155km)、アジャクシオからカルビ(145km)の、3つのステージがあります。
 ツール・ド・フランスが東京から出発することが、話題になったことを知っていますか? でも日本はフランスから遠いし、7時間の時差があることからも、それは難しいと思いませんか?
 日本人はツール・ド・フランスが好きです。テレビで見て、選手とフランスの景色を楽しみます。日本では、アマチュアの自転車競技が徐々に盛んになっています。もちろん、野球ほどポピュラーなものではありませんが。でもいつか、それは変わると思います。サッカーのように。1,998年のワールドカップ初参加以前、日本人はサッカーにあまり関心を示しませんでした。でも今は、日本で人気の競技です。
 あなたは別府史之や新城幸也を知っていますか? 彼等は、日本人で初めてツール・ド・フランスを完走しました。2,009年のことです。ぼくのあこがれの選手はロラン・フィニョンです。彼は二度も優勝しました!
 さて、あなたは何かスポーツをしていますか?好きな選手は誰ですか?

オルガ教室 教室性募集中です。
毎月曜日 初級 9:40から
応用 11:10から

posted by 西本眞理子 at 23:09 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック