2013年03月16日

水彩と色鉛筆で描く花と鳥

2013二人展案内.jpg

先日もお知らせしましたが、鳥の細密画を描く越山洋三さんとの二人展がいよいよ来週水曜日から半田山植物園で始まります。
私は今回、花の絵はがきコレクション原画 をテーマに、昨年〜今年にかけて作った絵はがき18種の原画とその他12種、計30点を展示・販売します。ハガキサイズから三三まで、バラエティに富んだ作品をぜひご覧ください。

また、今回初めての試みで、ピエゾグラフを販売します。ピエゾグラフというのは、エプソンの商標で、非常に高画質のインクジェットプリントです。専門のオペレーターが作った画像は本物そっくりで、描いた本人もびっくりしています。1枚4000円〜(額つき8000円〜) と安くはありませんが、耐光性が強く、気軽にかけることが出来ます。

23日には、体験講習も予定しています。例年好評の塗り絵教室です。今回はカサブランカ系の、ソルボンヌというピンクのユリを描きます。道具は全部用意されていますので、ほぼ手ぶらで参加できます。(筆記具はあったほうが便利です) 材料費300円

定員は30名ですが、まだ余裕がありますので、興味のある方はこの機会にぜひご参加ください。
申し込みは、この記事にコメントで連絡くださるか、半田山植物園に直接電話でお申し込みください。

ご来場記念に 絵はがき を一枚さしあげています。受付でお受け取りください。




posted by 西本眞理子 at 00:24 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック