2011年08月13日

ユリズイセン

ユリズイセン小.jpg 7月6日朝日新聞掲載

ユリズイセン ユリ科 Alstroemeria psittacina (= A. pulchella)

 原産地:ブラジル北部
 花屋でよく見るアルストロメリア の原種の一つです。球根から澱粉を採るそうです。茶碗蒸しの定番、ユリ根はなじみ深いものですが、この根はどうやって食べるのでしょう。

 名前の由来は、1753年、南米を旅行中だったカール・フォン・リンネ自らが種を採集し、親友のスウェーデンの男爵ヨーナス・アルステーマの名にちなんで花に名を残したそうです。園芸品種のアルストロメリアをユリズイセンと呼ぶこともあります。
 
 花の色は鮮やかな赤です。
posted by 西本眞理子 at 16:54 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック