2006年07月06日

カンパニュラ

カンパニュラ.jpg  7月4日朝日新聞掲載

カンパニュラ  ききょう科
 属名は、ラテン語の「小さな鐘」と言う意味で、花の形が鐘に似ていることから名付けられました。主に北半球かの温帯から寒帯にかけて約300種が含まれます。日本にはホタルブクロやチシマギキョウなど4種が自生しています。
 小さな花がたくさん咲くタイプのものはヨーロッパ産が多く、近年鉢植えとしてよく出回っています。
posted by 西本眞理子 at 11:57 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック