2010年12月25日

図鑑の絵を描くと言うこと3

以前は、修正はポスターカラーの白を使っていました。はみ出した線の上に、白い絵の具を塗って隠してしまうわけです。

これは、漫画の原稿などでもよく使われます。印刷することを前提にしていますから、スキャンしたときに写らなければそれでいいわけです。実際ホワイトで修正すると、修正した部分だけが際だって白くなるので、作品としてみると変な感じになります。(原画展に出品するときは、なるべく修正の目立たない作品を選んでいました)

新聞の挿絵の場合、以前は郵送または持ち込みで原画を新聞社に送り、新聞社は本社へファックスで送っていました。今は自宅でスキャンして、そのデータが岡山総局、そして本社というふうに、データだけが送られていきます。

修正は画面上で、フォトショップを使っています。
posted by 西本眞理子 at 00:29 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック