2010年12月21日

図鑑の絵を描くと言うこと

図鑑の絵は共同作業です。まずモデルとなる標本を手に入れなくてはなりません。

日本中のスゲを描くのですから、北海道にしかないものや、沖縄にしかないものなど、地域限定のものは本当に大変。だから研究室の先生方は毎年何度も調査に出かけて、植物採集をしています。

生の植物が見つからないときは日本中の大学や研究所にお願いして標本をお借りします。全国にいるスゲの会の会員から宅急便で送られてくることもあります。

それらの整理して状態の良いものを選び、これまでに描かれた図鑑などを参照して、どのように描くかを話し合うわけです。全体図はそのスゲの持つイメージ、大きいとか堅い、しなやかな、垂れ下がるなど、実際に生えているときの姿を印象的に表すのが目的です。

具体的に言うと、背が高いものは二つ折り、三つ折りにしたり、上下を切り離して描いたりして、大きさを印象づけるわけです。
posted by 西本眞理子 at 00:22 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック