2010年12月18日

スゲ3

岡山のスゲ1.jpg

カヤツリグサ科の植物を描き始めたのは1999年から。気がつくと10年以上、約500種を描きました。たぶん、生きている日本人の中で最もたくさん描いていると思います。写真のササノハスゲはごく初期に描いたもの。葉に赤みがかった斑点があったので、点描で表しています。

昔の絵を見て思うことは、ずいぶんモデルに忠実に描いているナーということ。今ならもう少し脚色して、見栄えの良いように描きます。

図鑑の絵は、目の前にある、ひとつの個体にだけ忠実に描くわけではありません。何万という個体の平均的な姿を形にするわけですから、ポイントをおさえて、それ以外のこと(例えば葉の曲がり具合とか、枚数とか)は適当にスペースに合わせて描いていきます。
posted by 西本眞理子 at 01:02 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック