2010年09月28日

フランス語教室 時事フランス語

先日からの、フランス語教室のお話しです。
応用クラスは時事フランス語。大学の2年生の教科書を使っています。いちおう、基礎的な文法は修了している方むけです。今年のテキストは、以前NHKのラジオ講座を長く担当していた、加藤晴久さんが書かれています。始めてまとまった文章を読む学生向けなので、とてもわかりやすく書かれています。
教室では、本文を聞いて、読んで、簡単な日本語の説明の後、内容に関する質問や思ったことなどを3〜4人のグループで話し合います。
下記の文は、先週のテキストの日本語訳です。(訳は前もって配られます)
内容はヴァラエティに富んでいて、けっこう雑学的に楽しめます。
たまたま教室にはワインのエキスパートがいるので、細かい突っ込みもいっぱいあって、議論が盛り上がりました。

シャンパーニュとシャンペン

シャンパーニュ地方には、2000年前からブドウの木があります。そこで作られるワインは、18世紀以降、世界中に知られています。当時、シャンパーニュ地方のブドウ畑の面積は、50000ヘクタールでした。
 19世紀、シャンパーニュ地方のブドウ畑は、65000ヘクタールとなり、最も広大になりました。しかしながらその後、2度の大災害に見舞われます。一度目は1894年(1864年のまちがい?)、フィロキセラ(ブドウ根アブラムシ)による虫害によって、ブドウの木が壊滅的な打撃を受けました。ついで、1914年から18年の戦争で、シャンパーニュ地方は戦場となりました。しかしながら、その間もブドウの収穫は続けられます。これらの4年間に、それでも1000万,1100万,1600万,1700万本のワインが製造されました。
 その後1959年まで、年間1500万〜4200万本が販売されます。そして、販売数は次第に増加します。1960年には5000万本、1970年は1億200万本、1980年は1億8000万本、1990年は2億3700万・・・・おそらく2000年の祭典のために、3億2700万本が1999年に販売されたと思われます。
 2000年以降も、注文は増加しています。最高は、2007年の3億3900万本。2008年の販売数は3億2200万にのぼり、うち1億4000万本が190カ国以上に送られました。最終的に、日本には年間900万本が輸入されました。
 しかし、喜んでばかりはいられません。数年後には注文はこなしきれなくなるでしょう。今日、シャンパーニュ地方のブドウ畑は33500ヘクタールにすぎません。最高でも、年間生産数は4億1200万本でしょう。このため、ブドウの栽培面積を3000ヘクタール増やそうという動きがあります。今、新しい敷地の境界を定める試みがなされています。すべては厳重に管理され、目下のところ結論は秘密にされています。実際、選ばれた希少な土地の値段は跳ね上がるでしょう。この新しい土地で作られたシャンペンを味見できるのは2021年ごろになります。

朝日出版 時事フランス語2010 より
posted by 西本眞理子 at 23:06 | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 ) | 日記  comment.png
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック