2021年02月19日

今月の花 ポリアンサ

ポリアンサ写真1DSC06204.jpg

2月の教室の課題は ポリアンサです。
サクラソウの仲間の園芸品種です。

鉢植えもあったのですが、それだと色が一つになるので、あえてポット苗にして、一人3ポット購入しました。

白、黄、赤、ピンク、紫 など、沢山の色があって、楽しいです。

posted by 西本眞理子 at 11:43 | コメント ( 0 ) | 日記  comment.png

2021年01月26日

ミニハボタン

minihabotan210126.jpg

先日のミニハボタン、ようやく彩色できました。

中央の赤紫が微妙に全体に広がって、複雑な色合いになっています。
posted by 西本眞理子 at 00:53 | コメント ( 3 ) | 日記  comment.png

2021年01月13日

今月の花 ハボタン

ハボタン写真DSC06166.JPG

毎年12月に豪華な欄を買うために、1月・2月は慎ましやかになります。
で、今月はとてもかわいいミニ葉ボタン。直径12cmくらいで、通常は寄せ植えに使う物です。

アソートではいるので、1ケース40個いりですが、7つも品種がありました。
そのうち、最も描きやすそうな丸葉を選びました。

緑と紫の対比がとてもいい感じです。たぶん来年の年賀状に使えそうです。
posted by 西本眞理子 at 00:46 | コメント ( 0 ) | 日記  comment.png

2021年01月04日

あけましておめでとうございます

IMG_20210104_005417.jpg

コロナのおかげで、完璧引きこもりのお正月です。
どこへも出かけないので、せめて気分だけでもと、一日中着物で過ごしています。

学生時代に1年ほど、日本舞踊を習っていて、毎週着物を着ていたので、簡単なものは一人で着ることができます。
踊りのほうはさっぱりおぼえていませんが、着物が着られるようになったのはすごくよかったです。

で、今年は昨年亡くなった母の着物を着てみました。黒地に朱赤のかすりです。母のほうが10cmくらい背が低いので、袖がとても短いのですが、アームカバーでごまかしています。アームカバーは、少し前にテレビでタレントさんがつけていました。古い着物は総じて袖丈が短いのですが、縫い直すよりも簡単です。

福山の文化センターでも、着物リフォームの教室があっていつもマネキンに着せてありますが、短い袖をなた袖にして、タートルネックのセーターを中に着込んだりと、現代的な着こなしでいい感じです。私も、家の中では帯をせず、伊達締めにエプロンをして気楽に着ています。

写真のアームカバーは、教室の生徒さんにいただきました。なんと靴下からのリフォームです!
とても暖かいです。
posted by 西本眞理子 at 01:26 | コメント ( 0 ) | 日記  comment.png

2020年12月30日

ムニンナキリスゲ

160826ムニンナキリスゲs.jpg


漢字で書くと 「無人菜切菅」。 無人(ムニン)の由来は、かつて小笠原諸島が無人島(ムニンジマ)と呼ばれていたから
小笠原諸島固有種

高さは50〜70cm  これくらい高くなると二つ折りにして描きます。
posted by 西本眞理子 at 02:35 | コメント ( 0 ) | 日記  comment.png

2020年12月29日

ノゲヌカスゲ

170418ノゲヌカスゲs.jpg

漢字で描くと 「芒糠菅」

つまり、雌鱗片(実のまわりについている、薄いうろこ状のもの)に芒(鱗片の先端にあるとがった部分)が長いことが「ヌカスゲ」と違うので、別の名前がついているということです。

本州〜九州の林縁や路傍に生える多年草。

細い茎をフリーハンドで描くのはちょっと難しいので、カーブ定規を使っています。
posted by 西本眞理子 at 16:41 | コメント ( 0 ) | 日記  comment.png

2020年12月27日

ミヤマホタルイ 

170418ミヤマホタルイs.jpg


牧野植物図鑑に掲載されたカヤツリグサ科の植物です。
製図用のケント紙に、ラピッドグラフを使って描いています。

原画の大きさは 大体B6 くらい。それがマッチ箱くらいの大きさに縮小されて掲載されます。

縮小されることが前提ですので、輪郭線はあえて太くしています。
posted by 西本眞理子 at 23:15 | コメント ( 0 ) | 日記  comment.png

2020年12月19日

牧野日本植物図鑑 出版80周年記念展

牧野図譜展示チラシIMG.jpg

牧野図譜展示チラシ2IMG.jpg

植物画を描き始めて30年。ずっと使い続けている図鑑がこの「牧野日本植物図鑑」です。
1940年に北驫ルから出版されたこの図鑑は、植物を学ぶ者にとってはバイブルのようなもので、日本に生育する野生植物ならほぼ間違いなく掲載されています。

それが新しく約300種を加えて、2017年に「新分類牧野日本植物図鑑」として出版されました。私も、300種の内11種を描かせていただきました! お話があったときはびっくりしたのですが、平凡社から出版した「日本カヤツリグサ科植物図譜」を見て、依頼してくださったようです。

確かにカヤツリグサ科は、10年掛けておよそ500種を描きましたので、間違いなく生きている日本人で最もたくさん描いていると思います。

いつも自分が参考にさせていただいている牧野図鑑の執筆者の一人になれるなんて、と当時は結構舞い上がっていました。
今回のチラシにも作品を使っていただけて、感激です。

今回の展示には10作品を出品します。コロナの影響で、まだ東京に行けるかどうかは怪しいのですが、できれば是非行きたいと思っています。
posted by 西本眞理子 at 11:09 | コメント ( 2 ) | 日記  comment.png

2020年11月26日

ヤブコウジの花

ヤブコウジの花1DSC06157.jpg

ヤブコウジの花2DSC06158.jpg

季節外れですが、ヤブコウジの花が咲きました。

直径は1cmくらいです。おしべがめしべに張り付いています。

ちょっとさわると、萼と花が離れてしまって、雌しべの先が萼の中に残ってしまいました。
posted by 西本眞理子 at 23:52 | コメント ( 0 ) | 日記  comment.png

2020年11月25日

11月の花 ヤブコウジ

ヤブコウジyabukouji201124.jpg

なんだかんだで更新が遅れて、申し訳ありません。今年はコロナの影響で軒並み展覧会が中止になって、ヒマはあるはずなのですが・・・

さて11月の花はヤブコウジです。綺麗な赤い実がおめでたくて、縁起物にと喜ばれます。

我が家の庭にも昔主人が植えて、その後じわじわと根をひろげて数が増えています。

このあたりでは普通に山で見られる植物ですが、野生では背丈は10〜20cm、葉も実も少なくて、ひょろひょろした感じです。

今回購入した物はさすが栽培品で、立派な実がたくさんついています。葉もずいぶん細長くて、どんな交配をしているのかさっぱりわかりません。(タグには 大実 ヤブコウジ 陽玉 ヒダマ) と書いてありました。


posted by 西本眞理子 at 01:49 | コメント ( 0 ) | 日記  comment.png